2021年10月17日 (日)

ブロムシュテット/N響(2021/10/17)

2021年10月17日(日)14:00
東京芸術劇場コンサートホール

指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
NHK交響楽団
(第1939回定期公演 池袋Aプログラム)
ヴァイオリン:レオニダス・カヴァコス

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番~ルーレ(アンコール)
ニールセン:交響曲第5番

最初にブロムシュテットさんとカヴァコスさんがステージに登場し、楽団員さんが出てくるのを迎えるというスタイルにちょっと驚きました。
演奏終了後も、楽団員さんが引き上げるのを見送った後で、ブロムシュテットさんとカヴァコスさんが退場。
鳴る止まぬ拍手にカヴァコスさんがステージに出てきましたが、ソリストのソロ・カーテンコールというのは初めて見たような??

ブラームスでのブロムシュテットさんの音楽は、もちろん円熟は感じますが、全く枯れていない。老大家の音楽ではなく、スピード感もあり、ある意味、爽快感をももたらす。
カヴァコスさんもソロの音も研ぎ澄まされていて、オケともピッタリ。
会場の集中力、静寂も素晴らしい。

後半のニールセンは、この複雑に絡み合う音を平等に鳴らしながら全体としての調和を構築し、ある意味、格調高く演奏された印象。
ブロムシュテットさんのニールセンは、かなり前(たぶん20世紀)に、4番を聴いた記憶があり、あのときも、保守的な客層のNHKホールの客席が大喝采だった記憶があります。
ブロムシュテットさんの音楽は進化し続けているので、この2021年には2021年のニールセンがあると思った方が良いですが、体感できて幸せ、居合わせて幸せ!の演奏でした。

終演後は、やはり楽団員さんが引き上げた後にブロムシュテットさんが退場。
その後、ソロカーテンコール2回がありました。

20211017n1
20211017n2
20211017n3
20211017n4
20211017n5

| | コメント (0)

2021年10月16日 (土)

ノット/東響(2021/10/17)

2021年10月16日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ジョナサン・ノット
東京交響楽団
(第694回定期演奏会)
ヴァイオリン:神尾真由子

ベルク:ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出に」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」(1878/80年稿ノーヴァク版)

出遅れていた私も、少しずつ日常を取り戻しつつあります。
かなりの期間、ワークライフバランスの崩れた生活を、全て在宅勤務で続けてきたので、音楽脳が鈍っていて、割と、まったりと聴くことが多くなっていますが、さすがに、ブルックナーの第3、第4楽章あたりから、脳が目覚めてまいりました(遅い)。
ノット監督お約束のソロカーテンコールも、お義理ではなく、心から感動して起立して拍手しました。

ただ、どうなんでしょう?
私の脳が、第3楽章あたりから目覚めてきただけ>
割と調和を保って曲を開始し、後半追い込みをかけた演奏だったりして。

ともあれ、あまり分析的な感想など述べられませんが、客席も埋まり、ホール空間の日常も戻ったと言って良いのかな。
(ブラボー禁止はの残っていますね。)
その空間に身を置くと、新鮮が浄化される気がいたします。

202110171
202110172
202110173


| | コメント (0)

2021年10月 9日 (土)

秋山和慶/新日本フィル(2021/10/09)

2021年10月9日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:秋山和慶
新日本フィルハーモニー交響楽団
(すみだクラシックへの扉 #02)
ピアノ:エマニュエル・リモルディ

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
ショパン:ピアノ協奏曲第2番
シベリウス:交響曲第2番

秋山さんの音楽は、オーソドックスだけど、スピード感やキレ、そしてドカンと鳴らすので爽快。
私は昔ながらのファンですが、最近はずっと、「秋山さんの指揮は、オケの“定期演奏会”で聴きたいな」と思っておりました。
この日はもちろん“定期演奏会”。
リハーサルをみっちりとやり、仕上がった音楽。
幸せでした。
帰路についても、頭の中でシベリウスの第4楽章のメロディが鳴っている幸せ。

202110091

202110092

| | コメント (0)

2021年10月 7日 (木)

秋山和慶/新日本フィル(2021/10/07)

2021年10月7日(木)10:30
すみだトリフォニーホール

指揮:秋山和慶
新日本フィルハーモニー交響楽団
(公開リハーサル)

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
シベリウス:交響曲第2番

久しぶりに休暇を取って新日本フィルの公開リハーサルへ。
もう、翌日はゲネプロと本番なので、かなり仕上がっている状態です。
ところどころ止めて、秋山さんがコメントして、やり直しの演奏をしていますが、素人耳には違いはあまりわからず、申しわけございません。
98点を99点にするレベルのことなのでしょう。

リハーサルではありますが、序曲と交響曲をフルで聴けて、結構お腹いっぱいになりました。

202110071
202110073
202110072

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

沼尻竜典/N響(2021/09/26)

2021年9月26日(日)14:00
東京芸術劇場コンサートホール

指揮:沼尻竜典
NHK交響楽団
(第1938回定期公演池袋Aプログラム)
クラリネット:伊藤圭

モーツァルト:クラリネット協奏曲
マーラー:交響曲第1番「巨人」

会員券発売初日に良い席が買えたので、「もうこのままNHKホールに帰らないで欲しい」と思いましたが、この日、実際に席に座ったら、再び、そう思いました。

それはともかく、やはりN響の音色は絶妙です。
クラリネット協奏曲は、ソロはもちろんですが、バックのオケの音の自己主張も強いものがありました。
ピリオドではない演奏ですが、まったり系ではなく、かなり意志の強さを感じる演奏でした。

マーラーも、オケの皆さんの妙技のオンパレード。それらの、個々の自己主張が集まって一丸となったときの大音量の凄まじさ。

個人的に、ずっと、ワークライフバランスの崩れた生活を送っていたので、そういう状態の中、束の間のホール空間でのひとときでした。
よって、真剣勝負で「聴き漏らすまい」という姿勢ではなく、どちらかというと、まったりと、時には睡魔を感じながら聴いていたことは否めませんし、音楽が癒やしになっていることは間違いありませんが、最後はやっぱり興奮させられました。

20210926n1
20210926n2
20210926n3


| | コメント (0)

«スダーン/東響(2021/09/25)