« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の3件の記事

2007年1月28日 (日)

デュトワ/NHK交響楽団(2007/1/28)

2007年1月28日(日)15:00
NHKホール
シャルル・デュトワ 指揮 NHK交響楽団
メゾ・ソプラノ:デニス・グレーヴス*
オルガン:ギラン・ルロワ**


モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
ベルリオーズ:叙情的情景「クレオパトラの死」*
サン・サーンス:「サムソンとデリラ」から
         「あなたの声に心は開く」*
サン・サーンス:交響曲第3番**


NHKホールは本当に久しぶり。
もしかしたら、定期会員をやめて以来かもしれない…と思って、家に帰って調べてみたら、最後の定期会員としてのNHKホールは、2000年2月でした。
…ということは、7年ぶり!
定期会員をやめた理由はまたの機会に譲るとして、15年間、毎月通ったNHKホールへの道は、本当に懐かしかったです。

今回のお目当ては、もちろん、サンサーンスの交響曲第3番。
デュトワが最初にN響を振ったときの3つのプログラムのひとつにも含まれていました。(そのときは3階席で聴いた。)
今回は1階席右側のパイプオルガンの真下だったので、オルガンの音響が心配でしたが、3階席の乾いた響きよりは、しっとりとした音色に聞こえ、良かったように思いました。
デュトワのサンサーンスはCDも繰り返し聴いて、いわば「耳タコ」のはずですが、やはり生で聴くと格別。あっという間に終わってしまいました。

デュトワが指揮をしながら、うなり声を出していたのが新発見。(^^ゞ
今までは、定期会員時代に、ほとんど3階席で聴いていたので、気がつかなかったのでしょう。

あとは、「クレオパトラの死」と「サムソンとデリラ」のアリアを歌ったデニス・グレーヴス(MS)が素晴らしい!
「サムソンとデリラ」のアリアが、まだ耳に残っています。

チケットを買うときに「3日連続になるのでやめようか」と迷ったこのコンサートですが、来て良かったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

大友直人/東京交響楽団(2007/1/27)

2007年1月27日(土)18:00
サントリーホール

大友直人指揮 東京交響楽団
アルト・サクソフォン:須川展也*

細川俊夫:スカイスケープ(空の風景)(委嘱新作)
イベール:アルト・サクソフォンと11の楽器のための
      室内小協奏曲*
シベリウス:交響曲第2番


後半のシベリウスの2番も、会場からはブラボーの声がかかって盛り上がっていましたが、私にとっては前半の珍しい曲の方が面白かったです。

細川俊夫の新作「空の風景」は、現代音楽だけど、私のような素人でも聴いていて「なるほど“空”の曲だ…」と感じられる曲。
聴きながら、「そう言えばドビュッシーの“海”だって、最初に聴いたときは、わけがわからなかったなぁ」なんて、妙なことを思い出しました。

2曲目のイベールの曲では、アルトサクソフォンという普段あまり聴かない楽器の音色を堪能しました。

ところで、大友直人さん、指揮棒を持たなくなったのはいつから?(定期会員だけど、今まであまり気にしていなかった。)最近、指揮棒を持たない人が増えたような気もしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

ブリュッヘン/新日本フィル(2007/1/26)

2007年1月26日(金)19:15
すみだトリフォニーホール
フランス・ブリュッヘン 指揮 新日本フィル
シューマン:交響曲第4番ニ短調(初演版)
ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」より


新年早々、元日に発症した風邪をこじらせて、中旬の2つのコンサートのチケットを無駄にしました。
入院はしませんでしたが、点滴を受けたりして、仕事の方も、海外出張を取りやめたほどでした。
この日も、いまだに体調はいまひとつ。
でも、チケットを無駄にしたくないので、頑張って行ってきました。

会場は、ブリュッヘンが振るというのに空席が目立ちました。
でも、客席の反応は熱かったと思います。

シューマンの交響曲第4番(初演版)は、ホルンとトランペットのパートに
モダン楽器と古楽器が混ざっていました。
プログラムの曲解説に「(シューマンの頃は)産業革命の時期で、オケにはモダン楽器と古楽器が混ざっていた」と書いてありますが、そういう意図でしょうか?

ベートーヴェンの「プロメテウスの創造物」は序曲は良く聴くけど、それ以外のバレエ音楽を聴くのは初めてかも。
「ベートーヴェンにこんな曲もあったんだ」と嬉しくなりました。
終曲で聞き慣れた英雄交響曲のメロディが出てきたときは、耳が喜んでいるのに、頭では「もう最後の曲だ、もっと聴いていたい」と思ってしまいました。

新日本フィルもブリュッヘンの音を出して好演。
体調不良も忘れて大満足で帰ってきました。
「病は気から?」
でも、医師から処方されている薬が切れるとひどい咳が出るので、きょうは早めに夕食を食べて、食後の薬を飲んでから会場に向かったんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »