« クラウス・ペーター・フロール/大阪フィル(2007/2/25) | トップページ | 鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン(2007/3/21) »

2007年2月28日 (水)

飯守泰次郎/東京フィル(2007/2/28)

2007年2月28日(水)18:30
ぱ・る・るプラザCHIBA ぱ・る・るホール

飯守泰次郎 指揮 東京フィル
ピアノ:菊池洋子

モーツァルト:交響曲第31番「パリ」
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番
モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」
モーツァルト:「コジ・ファン・トゥッテ」序曲


2007/2/18の都響に引き続き、飯守泰次郎さんの演奏会。
都響はオール・ベートーヴェン・プロでしたが、今回の東フィルはオール・モーツァルト・プロです。
オケの並びは18日は通常の配置でしたが、今日は対向配置でした。
演奏の印象は18日に書いたのと全く同じ印象で、リズムの歯切れが良いところがピリオドアプローチっぽいですが、重量感を感じる演奏でした。
「こういうベートーヴェン、大好き!!」と書きましたが、こういうモーツァルトも大好きです!!(^_^)
アンコールはモーツァルトの序曲(コジ・ファン・トゥッテ)で、「プラハ」の後にしっくりくる選曲で、きょうも満足して帰ってきました。

ところで、ぱ・る・るホールへ行くのは、今回が初めてでした。
開館した当初、地元で「舞台が半分しか見えない席のある欠陥ホール」などという批判も出ていましたが、今回座ったのは、まさにその2階バルコニー席。
舞台の見え方はオペラシティの3階バルコニー席と同じような感じでした。
クラシックのホールでは「舞台が半分しか見えない席」は、多数派ではないものの、それほど珍しくありませんが、一般の人には解せないかもしれません。

719席とのことなので、紀尾井ホール(800席)くらいの大きさですね。
音響は、予想に反して残響があまり(ほとんど?)ありません。でも、直接音はきれいな音で来ていました。「サントリーホールより東京文化会館の音の方が好き」という人には良いかもしれません。

なお、このホールは、郵便貯金関連の施設の一部なのですが、2007年4月以降は千葉市が買い取って運営するそうです。
2007年度の東フィルの千葉定期は、9月、11月、1月、3月の4回開催とのこと。

|

« クラウス・ペーター・フロール/大阪フィル(2007/2/25) | トップページ | 鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン(2007/3/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15367756

この記事へのトラックバック一覧です: 飯守泰次郎/東京フィル(2007/2/28):

« クラウス・ペーター・フロール/大阪フィル(2007/2/25) | トップページ | 鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン(2007/3/21) »