« 飯守泰次郎/東京フィル(2007/2/28) | トップページ | 小林研一郎/日本フィル(2007/3/23) »

2007年3月21日 (水)

鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン(2007/3/21)

2007年3月21日(水・祝)15:00
藤沢市民会館大ホール

鈴木雅明 指揮
バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)


J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232


海外出張とかもあって、しばらくおとなしくしていたため、久しぶりの演奏会です。
BCJのHP
http://www.bach.co.jp/japanese_page_top.htm
を見ても、藤沢市民会館だけのプログラムのようです。

藤沢市は私の実家のあるところで、藤沢市民会館は高校生の頃にずいぶんお世話になりました。
...ということは、かなり古い、いわゆる“市民会館”なわけで、普通なら音響は期待できないわけですが、それほど無響でもなく、まあまあ聴ける方だと思います。

演奏は言うまでもなく、素晴らしいの一言。
普段はオケの曲ばかり聴いていて、バッハはそれほど聴き込んでいるわけではありませんので、眠くなったらどうしよう...と思って出かけましたが、その心配は無用でした。途中休憩をはさんで、あっという間の2時間半でした。

11月2日の東京シティ・フィル(ジュピター)、12月10日のBCJ(レクイエム)と、鈴木雅明さんのモーツァルトなどを聴いてきましたが、これはむしろ珍しいレパートリーであって、鈴木雅明さんの本命はバッハですね。

ロ短調ミサ曲は、何年か前に東響定期で、秋山さんの指揮で聴いたことがあります。
もちろん、モダン楽器の大編成。これはこれで、けっこう感動しました。
今回は、もちろんピリオドの小編成で、全く別の曲のように響きました。
どちらが良い悪いではなく、両方とも良いところに、バッハの音楽の懐の深さがあるのでしょうね。

|

« 飯守泰次郎/東京フィル(2007/2/28) | トップページ | 小林研一郎/日本フィル(2007/3/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15367770

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン(2007/3/21):

« 飯守泰次郎/東京フィル(2007/2/28) | トップページ | 小林研一郎/日本フィル(2007/3/23) »