« 小林研一郎/日本フィル(2007/3/23) | トップページ | アルブレヒト/読売日本交響楽団(2007/3/31) »

2007年3月24日 (土)

小澤征爾/東京のオペラの森「タンホイザー」(2007/3/24)

2007年03月24日(土)15:00
よこすか芸術劇場

東京のオペラの森2007 横須賀公演
指揮:小澤征爾


ワーグナー:歌劇「タンホイザー」


昨夜の日フィルに引き続き「全席完売」でした。
もっとも、小澤征爾さんですので、発売後数分で完売です。
私も、発売開始時刻の10:00に「ぴあ」に接続したもののすでに「予定枚数終了」で、その後「e+」に接続したら奇跡的に買えました。
もちろん、その後すぐに「予定枚数終了」になったはず。
今の時代、インターネットでないと人気公演のチケットの購入は難しいでしょうね。
電話をかけまくっていた時代が懐かしいです。

席は4階席正面やや左の3列目だったので「どうかな」と思って出かけましたが、視覚的には全く問題なく、ピットの小澤征爾さんも、舞台も、良く見えました。
音響的には頭上に屋根(5階席の底部)があるので「まあ、こんなもんかな」という感じ。直接音は良く来ました。

オペラ通ではないので、日頃「斬新な演出よりも、オーソドックスな方が好き」を自認していますが、今回は面白かった!
詩人を画家に翻案した演出で、前日に朝日新聞夕刊で、東京公演の評を読んだときは「無理があるんじゃない?」と思いましたが、こうして見せられてしまうと、あたかもこれが正しいかのような錯覚に陥ります。
第2幕(と第3幕最終部)は美術館の中。しかも、客席が暗くならないので「変だな~」と思っていたら、歌手が客席へ降りてオケピットの前で歌ったり、美術展へ向かう人たちが、ぞろぞろと1階客席を通って舞台に上がったり…。
第1幕、第3幕もアトリエだし、「タンホイザー」に対する偏見を植え付けられてしまいました。
今後、当分は、「タンホイザー」と聞くと、「ああ、画家が出てくるオペラね」と思ってしまうでしょう。(^_^;)

ヴェーヌス役のミシェル・デ・ヤングが、第1幕で足を痛めたため、第3幕では舞台の袖で歌い、動きだけ別の人が代演するというハプニングもありました。
カーテンコールは足を引きずって、他の出演者の肩を借りながら出てきました。

小澤征爾さんは、例によって譜面台にはスコアはなく、全3幕を暗譜で指揮。あいかわらず、エネルギッシュな指揮です。
オケは臨時編成なので、こんなものかなぁ。名手揃いのはずなので不満というわけではありませんが、外来の歌劇場のオケのように、「さすが日頃からオペラを弾き慣れているだけある!」というような雰囲気とはちょっと違いました。

でも、この日は本当に面白かった!

|

« 小林研一郎/日本フィル(2007/3/23) | トップページ | アルブレヒト/読売日本交響楽団(2007/3/31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15367837

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤征爾/東京のオペラの森「タンホイザー」(2007/3/24):

« 小林研一郎/日本フィル(2007/3/23) | トップページ | アルブレヒト/読売日本交響楽団(2007/3/31) »