« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の4件の記事

2007年3月31日 (土)

アルブレヒト/読売日本交響楽団(2007/3/31)

2007年3月31日(土)14:00
東京芸術劇場

ゲルト・アルブレヒト指揮 読売日本交響楽団

マーラー:交響曲第9番


アルブレヒトの読響常任として最後の演奏会でした。

2月の大フィル東京定期でも大植さんの指揮でこの曲が予定されていたのですが、怪我のために指揮者が代わり、曲目も変更されて、聴けませんでした。
そういう意味で、9番に飢えていた状態で、意気込んで出かけました。

勝手に“常任最後”を過度に意識した上に、9番は聴く方も集中力を要する曲なので、私は多少張り詰めた気持ちで指揮者の登場を待っていましたが、アルブレヒトさんはにこやかに登場し、オケの方を向き直ると、2~3秒後にはさりげなく指揮棒を振り下ろしました。
あまりにもあっけなく演奏が始まり、ちょっと肩すかしを食らいましたが、出てくる音は立派そのもの。
見た目には淡々と指揮をしているように見えますが、9年間の信頼関係なのでしょうね。

私の方も集中力を切らすことなく聴くことができ、あっという間に終わった感じでした。
最後に楽員から花束贈呈があったものの、特にセレモニーのようなものはなく、「いつもの演奏会」という感じで、普通に終了しました。
演奏の余韻を頭の中に残しながら家路につくことが出来ました。

その後、朝日新聞の夕刊に批評が載りました。
やはり「あっという間に指揮棒を振り下ろした」とあります。
新聞を読んで演奏会の様子を思い出しました。
「かつての同楽団からは、けっして引き出せなかった音楽。それをいま、アルブレヒトは置きみやげにしてゆく。」
「…そうした人材が現れないことへの慨嘆がそのまま、去っていくアルブレヒトへの未練につながっている。」
という文章が何とも言えません。

でも、桂冠指揮者の称号を受け、プログラムの冊子には
「2シーズンに1回、必ずアルブレヒトは来演する。」
と書いてあったので、きっと
「今日が終わりではない、まだまだ次がある」
というスタンスだったのだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

小澤征爾/東京のオペラの森「タンホイザー」(2007/3/24)

2007年03月24日(土)15:00
よこすか芸術劇場

東京のオペラの森2007 横須賀公演
指揮:小澤征爾


ワーグナー:歌劇「タンホイザー」


昨夜の日フィルに引き続き「全席完売」でした。
もっとも、小澤征爾さんですので、発売後数分で完売です。
私も、発売開始時刻の10:00に「ぴあ」に接続したもののすでに「予定枚数終了」で、その後「e+」に接続したら奇跡的に買えました。
もちろん、その後すぐに「予定枚数終了」になったはず。
今の時代、インターネットでないと人気公演のチケットの購入は難しいでしょうね。
電話をかけまくっていた時代が懐かしいです。

席は4階席正面やや左の3列目だったので「どうかな」と思って出かけましたが、視覚的には全く問題なく、ピットの小澤征爾さんも、舞台も、良く見えました。
音響的には頭上に屋根(5階席の底部)があるので「まあ、こんなもんかな」という感じ。直接音は良く来ました。

オペラ通ではないので、日頃「斬新な演出よりも、オーソドックスな方が好き」を自認していますが、今回は面白かった!
詩人を画家に翻案した演出で、前日に朝日新聞夕刊で、東京公演の評を読んだときは「無理があるんじゃない?」と思いましたが、こうして見せられてしまうと、あたかもこれが正しいかのような錯覚に陥ります。
第2幕(と第3幕最終部)は美術館の中。しかも、客席が暗くならないので「変だな~」と思っていたら、歌手が客席へ降りてオケピットの前で歌ったり、美術展へ向かう人たちが、ぞろぞろと1階客席を通って舞台に上がったり…。
第1幕、第3幕もアトリエだし、「タンホイザー」に対する偏見を植え付けられてしまいました。
今後、当分は、「タンホイザー」と聞くと、「ああ、画家が出てくるオペラね」と思ってしまうでしょう。(^_^;)

ヴェーヌス役のミシェル・デ・ヤングが、第1幕で足を痛めたため、第3幕では舞台の袖で歌い、動きだけ別の人が代演するというハプニングもありました。
カーテンコールは足を引きずって、他の出演者の肩を借りながら出てきました。

小澤征爾さんは、例によって譜面台にはスコアはなく、全3幕を暗譜で指揮。あいかわらず、エネルギッシュな指揮です。
オケは臨時編成なので、こんなものかなぁ。名手揃いのはずなので不満というわけではありませんが、外来の歌劇場のオケのように、「さすが日頃からオペラを弾き慣れているだけある!」というような雰囲気とはちょっと違いました。

でも、この日は本当に面白かった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

小林研一郎/日本フィル(2007/3/23)

2007年3月23日(金)19:00
サントリーホール

小林研一郎 指揮 日本フィル
ピアノ:仲道郁代

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
ベートーヴェン:交響曲第7番
アイルランド民謡:ダニーボーイ(アンコール)
ベートーヴェン:交響曲第7番の終結部(アンコール)


チケット完売でした。
平日夜にもかかわらず、小学生くらいの子供連れのお客さんが目立ちました。

小林研一郎さんと仲道郁代さんのトークや、曲の解説などもあり、楽しい演奏会でしたが、演奏の方も手抜きはなく立派。

仲道さんは、ソロがないときは必ずオケの方を向いて、眼光鋭く、多少の身振り手振りを交えて、まるで指揮をしているような感じ。ちょっとイメージと違いました。
(Pブロックで見ました。)

後半の交響曲第7番は「コバケンの7番はすごい」と聞いていたので楽しみにしていました。
私はコバケンのベートーヴェンはあまり聴いたことがなく、以前、年末の第九でハズレもあったので、ちょっぴり不安もありましたが、杞憂でした。
第1、第2楽章あたりはあまり細かく振らず、要所要所の指示に徹していたようですが、後半の第3、第4楽章は、ずいぶんエネルギッシュに振り、飛び跳ねそうな箇所もありました。

アンコールに「ダニーボーイ」の後、もう一度7番の最終部を30秒ほど演奏してくれました。こういうアンコールもいいです。コバケンは、以前「我が祖国」の演奏会でも同じことをやってくれた記憶があります。

今回は、コバケンの日フィル音楽監督としての最後の演奏会で、終演後、団員から花束が贈られました。聴衆もオケが退場した後に1回舞台に呼び戻して好演をたたえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン(2007/3/21)

2007年3月21日(水・祝)15:00
藤沢市民会館大ホール

鈴木雅明 指揮
バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)


J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232


海外出張とかもあって、しばらくおとなしくしていたため、久しぶりの演奏会です。
BCJのHP
http://www.bach.co.jp/japanese_page_top.htm
を見ても、藤沢市民会館だけのプログラムのようです。

藤沢市は私の実家のあるところで、藤沢市民会館は高校生の頃にずいぶんお世話になりました。
...ということは、かなり古い、いわゆる“市民会館”なわけで、普通なら音響は期待できないわけですが、それほど無響でもなく、まあまあ聴ける方だと思います。

演奏は言うまでもなく、素晴らしいの一言。
普段はオケの曲ばかり聴いていて、バッハはそれほど聴き込んでいるわけではありませんので、眠くなったらどうしよう...と思って出かけましたが、その心配は無用でした。途中休憩をはさんで、あっという間の2時間半でした。

11月2日の東京シティ・フィル(ジュピター)、12月10日のBCJ(レクイエム)と、鈴木雅明さんのモーツァルトなどを聴いてきましたが、これはむしろ珍しいレパートリーであって、鈴木雅明さんの本命はバッハですね。

ロ短調ミサ曲は、何年か前に東響定期で、秋山さんの指揮で聴いたことがあります。
もちろん、モダン楽器の大編成。これはこれで、けっこう感動しました。
今回は、もちろんピリオドの小編成で、全く別の曲のように響きました。
どちらが良い悪いではなく、両方とも良いところに、バッハの音楽の懐の深さがあるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »