« ウィーン8日間の旅(2007年) | トップページ | 第1日(2)フランクフルトでの乗り継ぎ »

2007年4月28日 (土)

第1日(1)成田空港からJALでフランクフルトへ

2007年4月28日(土)
日本航空(JL407)
成田13:00→18:00フランクフルト

(日本時間13:00→1:00)(飛行時間:12時間00分)


ゴールデンウィークの成田空港の混雑は想像がつきませんが、定石通り「出発の2時間前」の成田空港到着を目指しました。空港まではJRの快速を利用します。
電車が混んでいることも覚悟しましたが、意外と空いていて拍子抜け。
電車の都合で2時間20分前には空港第2ビル駅に到着しました。

改札を出たところにある自動チェックイン機でチェックイン。係員の女性が待ち構えていて、機械の操作を全部やってくれました。(自動じゃないじゃん!人件費削減にもなっていないし…)でも、あっという間に手続きが完了しました。

荷物も預けないので、そのまま出国審査へ。
ここでも「あれ?」と拍子抜けするほどすいています。海外出張で平日に利用するときよりもすいているくらい。ほとんど待ち時間無しで通過して出発2時間前には搭乗口に着いてしまいました!
「本当にゴールデンウィーク?」
間違えて会社が休みでない日に空港へ来てしまったのかと不安になるほどでした。
「混むのは10時頃の出発で、13時出発ならすいているかも」という話しも聞きましたが、もしかしたら、その通りかもしれません。

エコノミーなのでJALのラウンジは使えません。クレジットカードのラウンジは出国審査の前なので、もちろん使えません。搭乗口から少し離れた、売店の前のベンチに座って過ごしました。
荷物検査後なのでペットボトルの水を2本購入しましたが、これは、フランクフルトでの乗り継ぎの時に取り上げられました。(^^ゞ

搭乗口に行くと「揺れが予想されるため、離陸後45分間はベルト着用サインが続く見込みです。搭乗前にお手洗いはお済ませ下さい」とのアナウンス。トイレが近い私はちょっと不安になります。
しかし、そんなに水分を取っていなかったせいか、離陸後2時間近くトイレに行かずに済みました。
飲み物が出てきたり、食事が出てきてからは、比較的頻繁にトイレに行きましたが、JALのホームページでの予約のため、事前座席指定で通路側の席を指定していたので、問題ありませんでした。
(そう言えば、搭乗時に「ずいぶん早くチェックインしたのに、席が離ればなれになった」と文句を言っていた女性の2人連れが居ました。)

座席ポケットのメニューでは、「食事は離陸1時間後」と書いてありましたが、実際に供されたのは15時30分くらい。ベルト着用サインが長く続いたためでしょう。
13時出発なので昼食は食べていませんでした。かなりお腹がすきました。
その後、菓子パン1個+飲み物の軽食をはさんで、到着前にも、もう1回食事が出ました。多少インターバルが短く感じました。

初体験の12時間のフライトは「やってみれば出来るものだ」という印象と、「やはりエコノミーで12時間はきつかった」という印象の半分半分。さすがに最後の2~3時間は窮屈に感じました。

|

« ウィーン8日間の旅(2007年) | トップページ | 第1日(2)フランクフルトでの乗り継ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15315092

この記事へのトラックバック一覧です: 第1日(1)成田空港からJALでフランクフルトへ:

« ウィーン8日間の旅(2007年) | トップページ | 第1日(2)フランクフルトでの乗り継ぎ »