« 京フィル室内楽コンサート(2007/4/4) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2007/4/21) »

2007年4月15日 (日)

秋山和慶/東京交響楽団(2007/4/15)

2007年4月15日(日)14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

秋山和慶 指揮 東京交響楽団
ヴァイオリン:岡崎慶輔

R.シュトラウス:
   交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」
ハチャトゥリヤン:ヴァイオリン協奏曲
コダーイ:組曲「ハーリ・ヤーノシュ」
ベルリオーズ:ラコッツィ行進曲(アンコール)


久々のミューザ川崎でしたが、このホールの響きは大好きです。
前日のオペラシティではなく、ミューザを選んで結果的に正解でした。
秋山さんの指揮で「ティル…」「ハーリ・ヤーノシュ」の音がミューザに響くと鳴れば、聴きに行かないわけにはいきません。(^_^)
(私は元々、秋山さんが好きで東響定期会員になったので。)
期待通りのいつもの秋山サウンドを堪能して帰ってきました。

ところで、ハチャトゥリアンの協奏曲は、たまたま家にCDがあったので予習してからコンサートに臨みましたが、なかなか良い曲で「もっと演奏されても良いのに」と思いました。
ハチャトゥリアンは、もしかしたら「剣の舞い」が有名になりすぎて逆に損をしているのかもしれません。
交響曲も書いているので、CDで聴いてみたいと思います。

「ハーリ・ヤーノシュ」では、終曲ひとつ前の「間奏曲」で、ぱらぱらと拍手をしかけた人が2~3人いましたが、気持ちはよくわかります。
「間奏曲」って、立派な曲で、この曲で終わりでもいいくらいだといつも思いながら聴いていました。もっとも、終曲が蛇足というわけではないので、聴き手としてはクライマックスを2回味わったような、得した気分です。

そしてアンコールに「ラコッツィ行進曲」。とても良い選曲でした。

|

« 京フィル室内楽コンサート(2007/4/4) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2007/4/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15367902

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山和慶/東京交響楽団(2007/4/15):

« 京フィル室内楽コンサート(2007/4/4) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2007/4/21) »