« 第4日(ウィーン第3日)(1)ハウス・デアムジーク | トップページ | 第4日(ウィーン第3日)(3)国立歌劇場のガイドツアーとミュージアム »

2007年5月 1日 (火)

第4日(ウィーン第3日)(2)カフェ・モーツァルト

2007年5月1日(火)午後
ハウス・デア・ムジークのアトラクションで楽しんだ後、カフェ・モーツァルトで昼食を取りました。カフェ・ザッハーの方は例によって行列していましたが、こちらは席数も多く、座ることが出来ました。日本語併記のメニューがあり、嬉しいです。
Img_0460Img_0461




暑がりの私には、屋外のテラス席で風に吹かれながらの食事はありがたいです。
目の前には、国立歌劇場の建物が見えます。
お客さんには日本人らしい人も何人か見かけました。

飲み物のコーヒーはアインシュペーナー(Einspanner)を頼みました。
ホイップした生クリームを浮かべたモカ・コーヒーで、日本で言う「ウィンナ・コーヒー」に一番近いものです。
食事にグーラシュ(Gulyas)を頼みました。パプリカが入ったソースで煮込んだビーフシチューです。
そして、ケーキには、モーツァルト・トルテを頼みました。
先日のカフェ・インペリアルでの反省から、スープは頼まずにミネラルウォーター0.75mlを頼みました。

この日の食事はおいしかった!
グーラシュは、一口食べたとたん、体の力が抜けました。
モーツァルト・トルテも、体の力が抜けました。
飲み物のアインシュペーナーもおいしかったです。
私はどちらかと言うと生クリームのない「ブラウナー」の方が好みですが、日本で飲むウィンナ・コーヒーとは違って、生クリームが載っている必然性を実感できる味でした。。
27ユーロだったので、チップを入れて30ユーロ置いて店を出ました。
ウィーンに来て舞い上がっており、金銭感覚が麻痺していたすので何とも思いませんでしたが、後で考えてみると(カフェ・インペリアルの50ユーロには及ばないものの)「喫茶店での食事」としては結構高いですね。
もっとも、レシートには「カフェ&レストラン」と書いてありましたし、食事のおいしさを考慮すると、高級店と言って良いのでしょうね。

|

« 第4日(ウィーン第3日)(1)ハウス・デアムジーク | トップページ | 第4日(ウィーン第3日)(3)国立歌劇場のガイドツアーとミュージアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15315301

この記事へのトラックバック一覧です: 第4日(ウィーン第3日)(2)カフェ・モーツァルト:

« 第4日(ウィーン第3日)(1)ハウス・デアムジーク | トップページ | 第4日(ウィーン第3日)(3)国立歌劇場のガイドツアーとミュージアム »