« ブリュッヘン/新日本フィル(2007/2/3) | トップページ | 飯守泰次郎/東京都交響楽団(2007/2/18) »

秋山和慶/東京交響楽団(2007/2/10)

2007年2月10日(土)
東京オペラシティコンサートホール

秋山和慶 指揮 東京交響楽団
チェンバロ=曽根麻矢子*

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
フォーレ:パヴァーヌ 作品50
デュカ:交響詩「魔法使いの弟子」
プーランク:田園のコンセール
       ~クラヴサンとオーケストラのための*
ビゼー:「アルルの女」第2組曲


この日は、フルート甲藤さちさんのソロがいっぱい。
甲藤さんのファンの私は大喜びでした。
前半は「牧神の午後への前奏曲」、フォーレの「パヴァーヌ」。
後半の極めつけは「アルルの女」のメヌエット。
しかもアンコールにドビュッシー/小組曲の「小舟にて」。
終演後のロビーでも「フルートが…」「フルートの…」という声があちこちで聞こえました。
(東響は、甲藤さんをもっと協奏曲のソリストに起用するなどして、売り出したら良いのに。)

「魔法使いの弟子」は、もしかしたら私は、生で聴くのが初めてかもしれません。
「ファランドール」もそうですが、秋山さんのシンフォニックな響きで、CDでは味わえない音響を楽しみました。

ところで、ゲストコンサートマスター:長原幸太さんとプログラムに記載がありましたが、長原さんって、大フィルのコンマスの長原さんですよね。
オケをぐいぐいと引っ張っていくような演奏で、大変好感が持てました。
また来て下さい!(^_^)

|

コンサート/オペラ2007」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15367621

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山和慶/東京交響楽団(2007/2/10):

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)