« 小澤征爾/東京のオペラの森「タンホイザー」(2007/3/24) | トップページ | 京フィル室内楽コンサート(2007/4/4) »

アルブレヒト/読売日本交響楽団(2007/3/31)

2007年3月31日(土)14:00
東京芸術劇場

ゲルト・アルブレヒト指揮 読売日本交響楽団

マーラー:交響曲第9番


アルブレヒトの読響常任として最後の演奏会でした。

2月の大フィル東京定期でも大植さんの指揮でこの曲が予定されていたのですが、怪我のために指揮者が代わり、曲目も変更されて、聴けませんでした。
そういう意味で、9番に飢えていた状態で、意気込んで出かけました。

勝手に“常任最後”を過度に意識した上に、9番は聴く方も集中力を要する曲なので、私は多少張り詰めた気持ちで指揮者の登場を待っていましたが、アルブレヒトさんはにこやかに登場し、オケの方を向き直ると、2~33秒後にはさりげなく指揮棒を振り下ろしました。
あまりにもあっけなく演奏が始まり、ちょっと肩すかしを食らいましたが、出てくる音は立派そのもの。
見た目には淡々と指揮をしているように見えますが、9年間の信頼関係なのでしょうね。

私の方も集中力を切らすことなく聴くことができ、あっという間に終わった感じでした。
最後に楽員から花束贈呈があったものの、特にセレモニーのようなものはなく、「いつもの演奏会」という感じで、普通に終了しました。
演奏の余韻を頭の中に残しながら家路につくことが出来ました。

その後、朝日新聞の夕刊に批評が載りました。
やはり「あっという間に指揮棒を振り下ろした」とあります。
新聞を読んで演奏会の様子を思い出しました。
「かつての同楽団からは、けっして引き出せなかった音楽。それをいま、アルブレヒトは置きみやげにしてゆく。」
「…そうした人材が現れないことへの慨嘆がそのまま、去っていくアルブレヒトへの未練につながっている。」
という文章が何とも言えません。

でも、桂冠指揮者の称号を受け、プログラムの冊子には
「2シーズンに1回、必ずアルブレヒトは来演する。」
と書いてあったので、きっと
「今日が終わりではない、まだまだ次がある」
というスタンスだったのだと思います。

|

コンサート/オペラ2007」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15367859

この記事へのトラックバック一覧です: アルブレヒト/読売日本交響楽団(2007/3/31):

コメント

私が行った2007/3/31ではなく、2007/3/29の演奏会の方ですが、第2日テレでネット配信しています。

http://www.dai2ntv.jp/p/z/101z/index.html

(2007/6/17現在の情報です。)

投稿 稲毛海岸 | 2007年6月17日 (日) 23時47分

コメントを書く