« NHK教育「小澤征爾ウィーン国立歌劇場復帰」(2007/6/1放送) | トップページ | 広上淳一/NHK交響楽団(2007/6/7) »

2007年6月 2日 (土)

プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団(2007/6/2)

2007年6月2日(土)14:00
横浜みなとみらいホール

ミハイル・プレトニョフ指揮
ロシア・ナショナル管弦楽団

ピアノ:上原彩子

チャイコフスキー:イタリア奇想曲(曲目追加)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」
Jシュトラウス2世:ポルカ「ハンガリー万歳」(アンコール)
ハチャトゥリアン:レズギンカ(アンコール)


前半と後半で、印象が全く違う演奏会でした。

前半終了後:
「禁欲的すぎて物足りない」
「もうプレトニョフの指揮する演奏会には行きたくない」(-_-;)

後半終了後:
「プレトニョフのショスタコーヴィチはすばらしい」
「ショスタコーヴィチの他の交響曲もぜひ聴いてみたい。」\(^_^)/

まず会場に着いて、嬉しいと(そのときは)思ったのは曲目の追加。
「演奏者の希望により」とのことですが、元のプログラムでも約90分あったのに約15分の追加です。

しかし、「イタリア奇想曲」で印象に残ったのは、目の前2~3メートルの至近距離で炸裂したシンバルでした。(^^ゞ
オケの並びは、チョロとコントラバスが左側に行き、第2バイオリンが右側に来る配置。打楽器陣は右側に行き、私の座ったP席の真ん前でした。
ティンパニが、通常はコントラバスが居るあたりに配置されています。
まあ、シンバルはともかく、先週聴いたテミルカーノフ/読響のチャイコフスキーに比べて、“聴いていてわくわくするような何か”が私には感じられないのです。最後は大きな音で終わって、会場からは「ブラボー」の声もかかっていましたが、なんか、きつねにつままれたような気分でした。

次のラフマニノフでも、プレトニョフの演奏は禁欲的で、まるでショスタコーヴィチの交響曲の緩徐楽章のようなラフマニノフに感じました。いや、ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲のような…と言った方が良いかもしれません。
昨年の年末の、プレトニョフ指揮、東京フィルの「第九」の記事が朝日新聞に出ていましたが、いわく「肩すかしを食った」「ショスタコーヴィチのようなベートーヴェン」。その記事を思い出しました。

上原彩子さんは頑張ったと思います。
会場からは「ブラボー」の声がかかり、カーテンコールは4~5回続きました。
しかし、ピアノの構造上、P席から聴く音は、多少マスクされたような音になるのは仕方ありません。「向こう側で聴きたい」と思いながら、(最安席を買っているのですから仕方なく)禁欲的なオケの音を聴いていました。

プレトニョフは、協奏曲のカーテンコールには一切登場せず、毎回、上原さんだけが出てきました。
元々、普段からそういう人なんでしょうか?
それとも、上原さんの演奏をあまり良く思わなかったのでしょうか?
「イタリア奇想曲」がプログラムに追加されたことも含めて、いろいろな憶測をしてしまいました。

さて、ショスタコーヴィチのようなチャイコフスキーと、ショスタコーヴィチのようなラフマニノフの後は、本物のショスタコーヴィチです。
ショスタコーヴィチのようなショスタコーヴィチが悪いわけがありません。
それに、前半に比べて、指揮者もオケもテンションが違うみたい。
「あれ?前半は禁欲的と言うよりも、力をセーブしていたの?」と思いました。
テンポも、速いところはかなり意図的に速くしたりしていましたし、音の大きいところはかなり鳴らしていました。
もちろん、静かなところの張りつめた雰囲気は、前半から聴いてきた「ショスタコーヴィチのような」の面目躍如です。
すばらしいショスタコーヴィチでした。

アンコール1曲目は、Jシュトラウスの「ハンガリー万歳」で、意表をつかれました。
最初「あ、聴いたことがある」と思いながらも、誰の曲か思い出せず、「プロコフィエフ?」「ドヴォルザーク?」「???」
最後の方になって、ようやく「ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの中継で聴いたことがある」と思い当たり、ようやく曲名を思い出しました。
さすがにウィーンの曲だけあって、結構、弦がきれいに鳴っていました。

アンコール2曲目は、さすがにすぐ「ハチャトゥリアン」とわかりましたが、1~2メートルの至近距離で小太鼓が大活躍したため、私の席では音のバランスがとれていなくて、(金管の音すらあまり聞こえないほど小太鼓の音が凄かった)途中から全体のメロディーはわからなくなりました。
でも、まあ、なかなか出来ない経験で面白かったです。

…というわけで、指揮者プレトニョフは私は今回が初めてでしたが、前半と後半で印象が違いすぎたので、プレトニョフという指揮者がわからなくなった演奏会でした。

どうも釈然としないので、会場で「イタリア奇想曲」と「悲愴」が入ったCDを買ってきました。「イタリア奇想曲」は会場で聴いたのと同じような印象。「悲愴」も禁欲的な印象でした。

この後の、6/5(火)、6/6(水)のオペラシティでの東京公演を聴く予定はありませんが、いったいどんな演奏になるのでしょうか。
また、10月の東京フィルの演奏会の中には、「田園」などという曲目が入った日があります。いったいどんな演奏になるのか、怖いもの見たさで聴いてみたい気もしました。

その後、2007/6/8の朝日新聞夕刊に、この日の演奏会評が載っていました。
「ロシア人が自国の音楽ばかり弾くのに(中略)次々に裏切られる。」
「ロシアの重苦しい憂鬱を(中略)巧みにすり抜ける。」
「淡々と突き放す。思い入れず、感動させない。」
「表層的な音の戯れの中に奥に、根深いニヒリズムが見える」
やはり、ちょっと異質な音楽だったのですね。

でも、ショスタコーヴィチは、そういう演奏でも良いと思います。

|

« NHK教育「小澤征爾ウィーン国立歌劇場復帰」(2007/6/1放送) | トップページ | 広上淳一/NHK交響楽団(2007/6/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15368135

この記事へのトラックバック一覧です: プレトニョフ/ロシア・ナショナル管弦楽団(2007/6/2):

« NHK教育「小澤征爾ウィーン国立歌劇場復帰」(2007/6/1放送) | トップページ | 広上淳一/NHK交響楽団(2007/6/7) »