« 大友直人/東京交響楽団(2007/1/27) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2007/2/3) »

デュトワ/NHK交響楽団(2007/1/28)

2007年1月28日(日)15:00
NHKホール
シャルル・デュトワ 指揮 NHK交響楽団
メゾ・ソプラノ:デニス・グレーヴス*
オルガン:ギラン・ルロワ**


モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」
ベルリオーズ:叙情的情景「クレオパトラの死」*
サン・サーンス:「サムソンとデリラ」から
         「あなたの声に心は開く」*
サン・サーンス:交響曲第3番**


NHKホールは本当に久しぶり。
もしかしたら、定期会員をやめて以来かもしれない…と思って、家に帰って調べてみたら、最後の定期会員としてのNHKホールは、2000年2月でした。
…ということは、7年ぶり!
定期会員をやめた理由はまたの機会に譲るとして、15年間、毎月通ったNHKホールへの道は、本当に懐かしかったです。

今回のお目当ては、もちろん、サンサーンスの交響曲第3番。
デュトワが最初にN響を振ったときの3つのプログラムのひとつにも含まれていました。(そのときは3階席で聴いた。)
今回は1階席右側のパイプオルガンの真下だったので、オルガンの音響が心配でしたが、3階席の乾いた響きよりは、しっとりとした音色に聞こえ、良かったように思いました。
デュトワのサンサーンスはCDも繰り返し聴いて、いわば「耳タコ」のはずですが、やはり生で聴くと格別。あっという間に終わってしまいました。

デュトワが指揮をしながら、うなり声を出していたのが新発見。(^^ゞ
今までは、定期会員時代に、ほとんど3階席で聴いていたので、気がつかなかったのでしょう。

あとは、「クレオパトラの死」と「サムソンとデリラ」のアリアを歌ったデニス・グレーヴス(MS)が素晴らしい!
「サムソンとデリラ」のアリアが、まだ耳に残っています。

チケットを買うときに「3日連続になるのでやめようか」と迷ったこのコンサートですが、来て良かったです!

|

コンサート/オペラ2007」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15367571

この記事へのトラックバック一覧です: デュトワ/NHK交響楽団(2007/1/28):

コメント

コメントを書く