« アグレスト/読響(2007/07/07) | トップページ | NHK-FM:兵庫芸術文化センター管弦楽団と大阪フィル »

2007年7月 8日 (日)

広上/日本フィル(2007/07/07)

2007年7月7日(土)18:00
横浜みなとみらいホール

広上淳一指揮 日本フィル
ピアノ:小山実稚恵

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
ラフマニノフ:交響曲第2番
ラフマニノフ:ヴォカリーズ(アンコール)


久しぶりの1日2回の演奏会です。
14:00からの読響に続いて、18:00から日フィルを聴きました。
今年のゴールデンウィーク、ウィーンでの「1日3回」(4月29日)は例外として、ここ数年は、こういうスケジュールは組んでいませんでした。

ホールに着いてみると「全席完売」とのことで、「チケット求む」という紙を掲げた人も居ました。
日フィルの横浜定期は一時期会員になっていましたが、(コバケンがチャイコフスキーを振るときでさえ)空席が目立つことが多かったので、ちょっと意外な感じです。

小山実稚恵さんは、私は大好きです。
私は、コンサートはオーケストラがほとんどで、ピアノリサイタルとかにはあまり行きません。
その、オケのコンサートで、ソリスト目当てに行きたくなるのが小山実稚恵さんです。
2005年11月4日に、「小山実稚恵20周年記念コンサート」として、小山実稚恵さんが協奏曲を3曲弾いたのを聴いたことがあります。
(ショパンの1番、スクリャービン、チャイコフスキーの1番)
このときバックを務めたのも、広上淳一さん指揮の日本フィルでした。

今日は一曲だけですが、曲がラフマニノフの3番ですので、大いに期待して出かけました。
その“大きな期待”をはるかに上回る演奏で、「大々々満足」でした。
私が座ったのは2階RA3列で、Pブロックに近いので、ピアノの音はあまり期待できないと思っていました。
しかし、迫力のある大きな音が私の耳にも届きました。
これだけ聞こえれば、この席でも十分です。
「1階席ではいったいどんな音が鳴っているだろう」と思いました。
ショパンを弾くときのチャーミングな音とはずいぶん違って、「小山さんって、こんな音も出すんだ」と、ますます好きになりました。
ブラームスとかも聴いてみたくなりました。
(秋に、N響定期で弾きますね。)
例によって、大歓声にちょっとはにかんだようにお辞儀をする仕草も好感度満点です。

この曲って、2番よりも「オケがピアノの引き立て役」の部分が多いような気がします。
この日の広上さんの指揮も、鳴らすところはドカンと鳴らすけれど、それ以外の部分は、少しおとなしめに振っていた印象でした。
できれば、このコンビで2番も聴いてみたいものです。

さて、私は小山実稚恵さんも大好きですが、広上淳一さんも大好きです。
広上さんが日フィルの常任だった頃には、「追っかけ」に近いくらい、コンサートに通っていた時期もあります。
そういうわけで、後半の交響曲にも大いに期待していましたが、その期待が満たされた部分と、ちょっと印象が違った部分とがあり、手放しで「大満足」にはなりませんでした。

第1楽章では、いまひとつサウンドが整理されていない印象を受けました。
いろいろな曲調が出てくる楽章なので「そういう曲だ」と言われればそれまでですし、「お前の頭の方が整理されていなかったのでは?」と言われればそれまでです。
しかし、広上さんの演奏会で、「ん?」と思ったのは、たぶん今日が初めてでした。

第2楽章以降は、特に不満はありません。
歌うところはきれいに歌い、鳴らすところは鳴らしていました。
特に3楽章のメロディーはきれいでした。
でも、欲を言えば、ちょっとすっきりし過ぎているような印象です。
広上さんの音って、もう少し温もりがあったような気がするけど、気のせいでしょうか。
アンコールもラフマニノフで、選曲は良いと思いました。
メロディーがきれいに響き、文句のつけようがありません。
でも、交響曲同様、ちょっとすっきりし過ぎているような印象を持ちました。

広上さんの演奏の優位性は疑う余地はありませんし、広上さんの大ファンの私ですが、この日は珍しく私個人の好みと多少違う部分があり、「こういう日もあるんだな」と再認識した次第です。

|

« アグレスト/読響(2007/07/07) | トップページ | NHK-FM:兵庫芸術文化センター管弦楽団と大阪フィル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15685805

この記事へのトラックバック一覧です: 広上/日本フィル(2007/07/07):

« アグレスト/読響(2007/07/07) | トップページ | NHK-FM:兵庫芸術文化センター管弦楽団と大阪フィル »