« NHK-FM:兵庫芸術文化センター管弦楽団と大阪フィル | トップページ | 広上淳一/日本フィル(2007/07/13) »

2007年7月13日 (金)

カリニャーニ/読響(2007/07/12)

2007年7月12日(木)19:00
東京芸術劇場
パオロ・カリニャーニ指揮
読売日本交響楽団

ヴァイオリン:川久保賜紀

ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」


7月の読響定期を振る予定だったラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスがキャンセルし、指揮者の交代が発表されたのは6月上旬でした。
7月7日の演奏会を指揮したミハイル・アグレストは、私は名前を知りませんでしたが、7月11日、12日、17日(及び19日の名古屋公演)を指揮するカリニャーニは、クチコミでの評判が良いので、逆に楽しみにしていました。
この日は当初行く予定ではなかったのですが、午後に都内で予定が出来たことを幸いに、急きょ買い足したものです。

この日、会場に着いてみると、プログラムに紙が挟まっており「ジャニーヌ・ヤンセン急病のためソリスト交代」とのこと。
指揮者とソリストの両方が交代するというのは、私は初めての経験です。
家に帰って読響のホームページを見ると、7月10日に発表されたようです。

でも実は、川久保賜紀さんは最近発売した「リサイタル!川久保賜紀」というCDが雑誌「レコード芸術」7月号で「特選」になっており、演奏会を聴いてみたいと思っていた矢先でした。
あまりにもタイミングが良いので、「結果オーライ」を通り越して「ラッキー」と思ってしまいました。

その川久保賜紀さんの弾くブルッフですが、きれいな音のひとつひとつに心がこもっていて、私はまるで「こんなにきれいなメロディですよ」「こんなに豊かな音ですよ」と語りかけられたような演奏に感じました。
舞台に登場してからかなり入念にチューニングをしてから演奏を開始していましたが、最初に出て来た音を聴いて「チューニングの成果あり」と思いました。
細い体で体を揺らしての熱演。そんなに派手な揺らし方ではありませんが、実に音楽的な身振りに見えました。
30分もかからないブルッフの曲ですが、まるで45分くらいの大曲の協奏曲を聴いたかのような充実感を覚えました。

家に帰って手帳を見ると、川久保さんは、以前に東響定期でショスタコーヴィチの1番の協奏曲を聴いているはずですが、なぜかあまり記憶に残っていません。(^^ゞ
確かこの時期の私は1ヶ月近くにわたって風邪が抜けきらず、苦しんでいたように記憶しています。
私の体調が不十分だったせいもあるかもしれません。

会場で「レコ芸特選」のCDを買ってきました。
小品集ですが、きれいな音で雄弁に奏でており、演奏会のアンコールを聴いているような気分です。

さて、もうひとつのお目当てはカリニャーニの指揮です。
聴いた(観た)のは、私は今回が初めてでした。

冒頭の「オベロン」序曲からして、7月7日のアグレスト指揮とは読響の音が違います。
ブルッフの伴奏も良かったし、「展覧会の絵」もすばらしい。
テンポといい、間の取り方といい、絶妙だと思いました。
スキンヘッドで、長身で、しなやかに体を動かし、指揮棒は表情を刻み、左手はアクセントをつける美しい指揮姿。
一応、楽譜を置いて指揮していますが、視線はオケの方を向いていることが多く、その表情は多彩。
素人の私でも「この指揮姿からは、こういう音が出てくるはずだ」と納得できる指揮でした。
この日は2階RBA列(舞台右横の席)に座って、視覚的に指揮者もオケも良く見える場所だったのですが、私は演奏中ほとんど指揮者を見て(見とれて)いました。

前半の2曲では、金管楽器に、ところどころ、「ん?」と思う場所があり、後半は持ち直したものの、木管も含めて「読響ならさらに洗練されたサウンドも出せるはず」と思いましたが、7月7日のアグレスト指揮の演奏が私の好みの音ではなかったので、口直しができ、しかもごちそうだったので、大変満足して帰ってきました。

|

« NHK-FM:兵庫芸術文化センター管弦楽団と大阪フィル | トップページ | 広上淳一/日本フィル(2007/07/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/15739917

この記事へのトラックバック一覧です: カリニャーニ/読響(2007/07/12):

« NHK-FM:兵庫芸術文化センター管弦楽団と大阪フィル | トップページ | 広上淳一/日本フィル(2007/07/13) »