« 大野和士/東京フィル(2007/8/10) | トップページ | サイトウ・キネン・フェスティバル松本「スペードの女王」(2007/08/26) »

2007年8月19日 (日)

下野竜也/読響(2007/08/19)

2007年8月19日(日)14:00
横浜みなとみらいホール

指揮:下野竜也
読売日本交響楽団


シューベルト:交響曲第7番「未完成」
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界から」


チケットは完売でした。(実際には多少の空席はありましたが…。)
ずいぶん前、山崎伸子さんがまだ「若手」だった頃に、夏の読響の「三大協奏曲」でドヴォルザークのチェロ協奏曲を弾いたときに、「当日券なし」で入場できず、愕然とした記憶があります。

もっとも、この手のコンサートのチケットは、最近はあまり買っていません。
この日も、みなとみらいのシリーズ券に組み込まれているので出かけたようなものです。
下野さんの「新世界」がすごいのは、日テレの深夜番組や第2日テレのネット配信で確認済みですが、いわゆる「名曲コンサート」なので「もしかしたら、オケは二軍中心?」なんて不遜な心配をしてしまいました。
しかし、入場してきたメンバーを見ると、コンサートマスターに藤原さんと小森谷さんの2人が並んでいて、二軍どころか定期演奏会並みの布陣。
演奏を聴いた印象も、7月よりもむしろメンバーが揃っていた(あるいは練習が行き届いていた)のではないか…というくらい気合いの入った演奏でした。
「1日に3曲の交響曲で集中力は?」という心配も、全く無用でした。
(プロに対して失礼な心配でした。)

常任指揮者のスクロヴァチェフスキさんが80歳を超えていると思えないくらい若々しい音楽を鳴らすのに対して、正指揮者下野さんが30台とは思えないどっしりとした音楽を鳴らすのも面白いですね。
もっとも、「どっしり」と言っても動きが鈍いわけではなく、推進力もあります。

「新世界」はお約束の名演でしたが、ベートーヴェンだって、コンサートの最後に演奏しても良いくらい立派なベートーヴェンでした。

「アンコールなし」も好感でした。
この熱演の後に付け足しは不要です。
読響にとって、この日の演奏は定期演奏会並みの位置づけであったのでしょうか。

ただ、残念なことに、私の近くの席の方(一人)が、「未完成」の最後の消え入るような部分で、本屋さんの袋のようなものを、かなり大きい音でガサゴソ。
ベートーヴェンの途中で、補聴器(?)のイヤホンがはずれて、電子音が10秒くらい響く。
「新世界」の最後の音が消えていく部分で、無遠慮に「ゲホン、ゲホン」。

下野さんにも読響にも全く責任はありませんが、(逆に、せっかくの良い演奏なのに申し訳ないくらいです)私は少し憮然としながら家路につきました。

|

« 大野和士/東京フィル(2007/8/10) | トップページ | サイトウ・キネン・フェスティバル松本「スペードの女王」(2007/08/26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/16172438

この記事へのトラックバック一覧です: 下野竜也/読響(2007/08/19):

« 大野和士/東京フィル(2007/8/10) | トップページ | サイトウ・キネン・フェスティバル松本「スペードの女王」(2007/08/26) »