« アルミンク/新日本フィル(2007/07/30) | トップページ | 大野和士/東京フィル(2007/8/10) »

2007年8月10日 (金)

小林研一郎/日本フィル(2007/8/9)

2007年8月9日(木)20:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:小林研一郎
日本フィル


チャイコフスキー:交響曲第5番
アイルランド民謡:ダニーボーイ(アンコール)
Img_1721




「フェスタ サマーミューザ KAWASAKI2007」では、私は5つめの演奏会です。
20時開演なので、終業と同時に会社をあわてて飛び出さなくても間に合うのが嬉しい。
この日も仕事の終了時刻が多少延びましたが、19時少し過ぎた頃には会場に到着しました。
普通の演奏会なら遅刻ですが、時間の余裕は十分です。
この日はプレトークが予定されていましたが、公開リハーサルは無いので、ゆっくり食事をしてから開演15分前くらいに入場しました。
平日のコンサートにしては、ロビーはずいぶん人が多い。
ホール内に入ってみると、4階席までお客さんがかなり入っています。
当日券はあったようで、僅かの空席はありましたが、完売間近だったように見受けられます。
平日の川崎のコンサートとしては、破格の入りかもしれません。

コバケンのチャイコフスキー5番と言えば、はるか昔(?)から、会場の熱狂間違い無しの熱演が約束されたようなものです。
この日も大熱演でした。

しかし、以前、みなとみらいホールでの日フィル横浜定期で聴いたときは、もっとハーモニーが整っていて、風格のある演奏だったような気がします。
なにぶん、何年も前のことですので、過去の記憶を自分で美化している可能性もあります。
でも、家に帰ってコバケンがチェコフィルを振ったこの曲のCD(1999年録音)を聴いてみると、なんとなくそのときの印象に近い。
逆に、第2日テレ(http://www.dai2ntv.jp/p/z/101z/index.html)でネット配信している読響の演奏は、たぶん最近の演奏だと思いますが、この日ミューザで聴いた演奏に近い印象です。
もしかしたら、コバケンのチャイコフスキー5番の演奏は、少しずつ変わってきているのかもしれません。

この日の演奏の印象は、ハーモニーを整えることよりも、先を急いで突き進む。
ひたすら暴力的にひっぱたく(?)ようなティンパニが、こういう演奏では、かえって快感。
第4楽章では、猛烈なテンポについて行ける楽器と行けない楽器があり、分解一歩手前になる場面も。
しかし、この演奏の流れの中では、「わざとやっているのでは?」と思うくらい自然。
この日のオケの音は、“きれいな音”とは言えない場面が多々ありましたが、“勢い”はすざまじい。
会場は、もちろん熱狂的な拍手とブラボーに包まれました。

アンコールの「ダニーボーイ」は、コバケンが自分で「私たちのアンコールの18番」と紹介。最後の、オーケストラ全員によるお辞儀は、正面、上手、下手、P席側、そして正面と、5回繰り返されました。
コバケンもその中心で一緒にお辞儀。
日フィル音楽監督を退任した後も、ただの客演指揮者ではないコバケンでした。

|

« アルミンク/新日本フィル(2007/07/30) | トップページ | 大野和士/東京フィル(2007/8/10) »

コメント

あまり期待せずに買ったチケットだったのですが、大満足の演奏でした。
多少の破綻の兆しは値引きしてよいと思います。なにせ、ライヴですもの、感動が一番です。

ちょっと気になったのが、ホール側の対応です。一楽章終わったあとに遅れてきた方たちが入場したのですが、それぞれの席への案内なし。2階のテラスに置き去りになっていました。開演前にあれだけ係員がいるのですから、それぞれの席を確認して、より近い入口へ誘導、休憩と共に席へ案内という手配ができないのでしょうか?
それは開演前に係員が固まってたむろしている反面、まるでいない入口では席がわからずにうろうろする人がいるのを見ても疑問でした。

まあ、一番の問題は席の場所が場内の案内図を見てもさっぱりわからない複雑さでしょうか?

投稿: ぴっぴ | 2007年8月10日 (金) 11時38分

ぴっぴさん、コメントありがとうございます。(^_^)
遅れてきたお客さんを楽章間で入場させる場合、席まで案内すると時間がかかるので、扉付近で立ち聞きさせる場合が多いと思いますが、ホールや主催者によって多少対応が違うようですね。
私はあまり遅れた経験はないのですが、サントリーホールでは扉付近の空いている席に座らせてくれたことがあります。
7/17の芸術劇場では、扉のところで立見でした。
http://c-music.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/20070717_13e0.html
あと、東京フィルの場合は、楽章間の入場不可と聞いています。
ミューザは、その辺の対応が、今ひとつこなれていないかもしれませんね。
7/27のシティ・フィルでは、公開リハーサルですが、音が小さくなったのを曲が終わったと勘違いして入場させた例もありました。
http://c-music.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/20070727_a40e.html

投稿: 稲毛海岸 | 2007年8月11日 (土) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/16062501

この記事へのトラックバック一覧です: 小林研一郎/日本フィル(2007/8/9):

« アルミンク/新日本フィル(2007/07/30) | トップページ | 大野和士/東京フィル(2007/8/10) »