« ボッセ/シティ・フィル(2007/9/20) | トップページ | スダーン/東響(2007/09/29) »

2007年9月24日 (月)

スクロヴァチェフスキ/読響(2007/09/24)

2007年9月24日(月)18:00
東京芸術劇場

スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮
読売日本交響楽団


シューマン:交響曲第4番
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番


4日前に聴いたゲルハルト・ボッセさんの2番に引き続き、元気な老大家によるシューマンです。
シューマンの交響曲が好きな私には、短期間に2曲続けて生で聴けて、嬉しい“連続”でした。

スクロヴァチェフスキがさんは、例によって80歳をこえているとは思えない元気な足取りで登場し、暗譜での指揮。
尖った演奏を期待していましたが、この日は私の座った席の音響のせいか、ややマイルドな音に聞こえました。
4月の、みなとみらいホールでの演奏会では「アメリカのメジャーオケのような音」と感じましたが、ちょっと印象が違います。
でも、おそらくRBA列あたりで聴いたら、さぞかし迫力と推進力のある音だったことでしょう。
全曲通して良かったですが、特に第3楽章から第4楽章に移る部分の雰囲気が惹きつけられました。

後半のショスタコーヴィチは、あまり聴きこんでいませんので論ずる資格は私にはありませんが、概ね好演だったと思います。
ショスタコーヴィチは、音の小さな部分で緊張感を維持するのが難しいと思います。
でも、木管陣のソロは良かったですし、オケ全体での強奏での音のバランスと迫力は素晴らしかったです。
50分の長さを感じさせない演奏でした。

9月のスクロヴァチェフスキを聴くのはこの日の1回だけの予定です。
来春の演奏会を、今から楽しみに待ちたいと思います。

|

« ボッセ/シティ・フィル(2007/9/20) | トップページ | スダーン/東響(2007/09/29) »

コメント

記事検索でおじゃましました。シューマンの第3楽章から第4楽章への移行部分、僕もとっても引き連れられました。ショスコーヴィッチも力演でしたね。素晴らしいコンサートでしたね。♪

投稿: ひろ | 2007年9月25日 (火) 20時19分

ひろさん
コメントありがとうございました。
やはりあの部分は良かったですか!
同じように感動された方がいらっしゃることがわかり、とっても嬉しいです。

投稿: 稲毛海岸 | 2007年9月26日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/16562610

この記事へのトラックバック一覧です: スクロヴァチェフスキ/読響(2007/09/24):

« ボッセ/シティ・フィル(2007/9/20) | トップページ | スダーン/東響(2007/09/29) »