« 東響の2008年度定期演奏会 | トップページ | 上岡敏之/ヴッパータール響(2007/10/14) »

2007年10月13日 (土)

ロジェストヴェンスキー/読響(2007/10/13)

2007年10月13日(土)14:00
東京芸術劇場


指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
読売日本交響楽団


チャイコフスキー:組曲第2番
チャイコフスキー:歌劇「イオランタ」(演奏会形式)

イオランタ(ソプラノ):佐藤美枝子
プロヴァンス王レネ(バス・バリトン):成田眞
ブルゴーニュの騎士ボデモン(テノール):経種廉彦
ブルゴーニュの侯爵ロベルト(バリトン):成田博之
エブン(バリトン):太田直樹
マルタ(メゾソプラノ):菅有実子
ベルトラン(バス・バリトン):畠山茂
アリメリク(テノール):大槻孝志
ブリギッタ(ソプラノ):安藤赴美子
ラウラ(ソプラノ):黒木真弓
合唱:武蔵野音楽大学
20071013




プログラムの冊子によれば、ドラマティックな「スペードの女王」に対して、このオペラは童話的な世界と通じる作品とのことです。
「くるみ割り人形」と一緒に初演されたという解説が、そういう期待感を増長します。
しかし、私の聴いた印象では、前半は「おいおい、スペードの女王の続きかい?」と言いたくなるほど、暗く感じました。
序奏からしてそうですが、特にレネ王が、イオランタ姫が目が見えない不幸を嘆くモノローグなど、そのまま「スペードの女王」のどこかに挿入しても使えるのではないかと思ってしまったくらいです。
後半、イオランタ姫の目が見えるようになった後は明るく劇的な讃歌で、聞き終わって幸せな気分になれるハッピーエンドのオペラですが、やはりチャイコフスキーが「スペードの女王」の次に書いたオペラだけのことはあると思いました。

このオペラは、私は“予習”はせず、会場で初めて聴きました。
字幕を目で追いながらの鑑賞でしたが、なかなか良い経験をさせていただきました。
「珍しい曲を聴いた」という次元ではなく、感動しました。
イオランタ姫の目が見えるようになった場面では、じ~んと来てしまいましたし、最後のハッピーエンドの大団円では、背筋がぞくぞくしました。
この成果をもたらしたのは、ロジェストヴェンスキーさんの手腕によるものでしょう。
あまり動かない指揮動作ですが、巨匠の域に達した人は、立っているだけでも音楽が出来てしまうのかもしれません。

このオペラがあまり上演されないのは、作品に弱点があるのでしょうか?
でも、ロジェストヴェンスキーさんは、プログラムの冊子に寄稿していて、このオペラを絶賛しています。
「1幕もので100分」という、オペラにしては中途半端な上演時間が障害になっているのかもしれません。

ステージ上の配置は弦楽器の後ろに独唱者、その後ろに管楽器と打楽器、その後ろが合唱でした。

歌手陣は全員日本人ですが、頑張ったと思います。
ロシア語歌唱のレベルは私にはわかりませんが、私は(ロシア語がわかるわけではないので)特に違和感は感じませんでした。
(ちなみに、サイトウキネン・フェスティバル松本2007の「スペードの女王」に出演した歌手も何人か含まれています。)
全員が分厚い譜面を見ながらの歌唱でしたが、決して“棒読み”風ではなく、ドラマティックなメリハリをつけていたと思います。
イオランタとボデモンが愛を深めていく場面など、もう少し二人の一体感が欲しいような気もしましたが、これは演技を伴わない演奏会形式の限界かもしれません。
位置的には、イオランタとボデモンの間には「乳母」が座っていました。
私が印象に残ったのは、レネ王役の成田眞さん。存在感がありました。

合唱は50人くらい。
少数精鋭なのか、非常に素晴らしい。
少人数なのにエネルギーがあって、それでいて透明感のあるハーモニーが印象的でした。全員暗譜での歌唱でした。

終演後は、ブラボーの声がかかり、熱心に拍手している人がいる一方、そそくさと会場を後にする姿も目立ちました。
16:45終演と遅くなったせいもあるのかもしれませんが、「芸劇マチネ」のお客さん向けの内容であったかどうか…という気もしました。
日程や会場の都合もあったのでしょうが、このプロは「定期」で演奏しても良かったのかもしれません。
今年の読響のシリーズでは、「定期」のシリーズにロジェストヴェンスキーさんの登場はありません。

拍手を受けるとき、歌手陣は大人数なので前後2列(女性が前、男性が後ろ)に並んでお辞儀をしていました。
最後の答礼のときに、ロジェストヴェンスキーさんが男性歌手全員と握手をし終わったところで、女性歌手4人が舞台の袖に引き上げてしまい、会場からは笑いが起こっていました。

休憩前の組曲第2番も、生演奏では初めて聴く曲です。
CDはドラティのものを持っていたので、何回か聴いてから出かけました。
…が、一週間の仕事の疲れが少し残っていて(眠りはしませんでしたが)眠かったので、あまり覚えていません。(^^ゞ
第2曲において、読響の弦の音がきれいだったことは印象に残っています。
休憩時間に水を飲み、飴をなめて気分をリフレッシュさせ、後半は(最初の方はまだ多少眠かったものの)曲が進むにつれて引き込まれ、曲が終わる頃には多少の興奮感もあってすっかり元気になっていました。
「音楽の力は偉大なり」です。

組曲第2番に話しを戻しますと、この曲は全5曲なのですが、第4曲が静かに終わると、会場から盛大な拍手が起きてしまいました。
皆さん、静かできれいな第4曲に感動して拍手したのか、終わったと勘違いして拍手したのかわかりませんが、私も知らなければつられて拍手してしまいそうなくらい盛大な拍手でした。
ロジェストヴェンスキーさんは全5曲が終わると、「ほら、終わったよ」と言わんばかりに、間髪を入れずに客席の方を向きました。

なお、演奏とは関係ありませんが、開演前にステージを見ると、チェロの2列目の椅子の背に紺か黒のジャケットが掛けてありました。
「珍しいな~」と思って見ていましたが、開演時間が近づいても誰も取りに来ません。
開演のベルが鳴り、とうとう楽員さんが入場を始めてしまいました。
チェロ主席の毛利さんが入場してきて「おいおい、なんだ、これは?」という感じでジャケットをつかみ、後から入場していた持ち主(2列目の奏者)に渡しました。
持ち主は、片手にチェロ、片手にジャケットを持って、いったん退場しました。
思わず、にやっと笑ってしまいましたが、本来はステージマネージャーが気がつくべきかもしれません。

|

« 東響の2008年度定期演奏会 | トップページ | 上岡敏之/ヴッパータール響(2007/10/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/16748951

この記事へのトラックバック一覧です: ロジェストヴェンスキー/読響(2007/10/13):

« 東響の2008年度定期演奏会 | トップページ | 上岡敏之/ヴッパータール響(2007/10/14) »