« ボッセ/都響(2007/10/30) | トップページ | 都響の2008年度 »

2007年10月31日 (水)

読響の2008年度

読響のホームページはまだのようですが、昨日のコンサートのチラシの中に「2008年度の読響」のパンフレットが入っていました。

シリーズによって多少異なりますが、定期演奏会について見てみると…。

常任指揮者のスクロヴァチェフスキさんが4月、9月、2009年3月の3回登場です。
(もしかしたら2009年度の1回分が2008年3月に回ってきたのかもしれませんが…。)
それから2年に1回来演と予告されていた桂冠指揮者のアルブレヒトさんが7月に登場します。
正式者の下野竜也さんは5月と10月の2回の登場です。
客演では、日フィルの主席に就任したラザレフさんが6月。
ヴァンスカさんが今年に引き続いて11月。
広上淳一さんが12月、上岡敏之さんが1月に定期のみに登場。
ヴァシリー・シナイスキーさんが2月に登場です。

定期以外では、年末の「第九」がギュンター・ノイホルトさんです。

相変わらず目移りしそうなラインナップです。
スクロヴァチェフスキさんがブルックナーの0番、1番、2番、5番を振るのも興味深いですし、広上さんがシェーンベルク編曲のブラームス:ピアノ四重奏曲を振るのも私は楽しみです。上岡さんは曲目が全部は発表になっていませんが、「ばらの騎士」組曲も期待できそうですね。

|

« ボッセ/都響(2007/10/30) | トップページ | 都響の2008年度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/16937194

この記事へのトラックバック一覧です: 読響の2008年度:

« ボッセ/都響(2007/10/30) | トップページ | 都響の2008年度 »