« スダーン/東響(2007/11/10) | トップページ | ゲルギエフ/東響(2007/11/12) »

2007年11月11日 (日)

ゲルギエフ/マリンスキー歌劇場管弦楽団(2007/11/11)

2007年11月11日(日)15:00
所沢市民文化センター ミューズ アークホール

指揮:ワレリー・ゲルギエフ
マリンスキー歌劇場管弦楽団

ストラヴィンスキー:「春の祭典」
チャイコフスキー:交響曲第5番
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」から
「花のワルツ」「トレパーク」(アンコール)

実は私は、ゲルギエフさんのCDでは、あまり感動した記憶がありません。
そういうこともあってか、ゲルギエフさんを生で聴くのはこの日が初めてでした。

今回の来日公演では、本当は「冬の日の幻想」とラフマニノフの2番を聴きたかったのですが日程が合わず、この日、私の家からは少し遠い所にある所沢まで足を運びました。
ゲルギエフさんのCDでも聴いたことのある超有名曲の組み合わせに、「本当は他の曲を聴きたかったんだけどな~」と思いながら会場に向かいましたが、その思いが浅はかであったことを、ゲルギエフさんの力でねじ伏せられて悟らされたような、凄い演奏でした。

最初のチューニングの音を聴いたときに、ずいぶん昔に聴いた、フェドセーエフさん指揮のモスクワ放送交響楽団のことを思い出しました。
もちろん、このマリンスキー歌劇場管弦楽団は、モスクワ放送交響楽団とはだいぶ響きが異なります。
でも、西欧のオケとは明らかに異なるサウンドが聞こえてきます。
好みで言ったら、私の好みの音ではないのですが、これはこれで認めないわけにはいかない説得力を持った音です。
極論すれば「プロコフィエフを演奏するための団体」とでも言いたくなるような音に感じました。
前半のストラヴィンスキーでは特にその傾向が顕著で、いきなりパワー全開で、ロシアの大地からわき起こる野蛮な響きをとどろかせていました。
通常ならコンサートの最後に演奏される「春の祭典」で、演奏自体もコンサート終盤のノリですが、実はコンサートは始まったばかり。
咆哮する金管。
地響きをたてる低減。
炸裂する打楽器。
CDで聴いた演奏とは全く別次元の演奏が繰り広げられます。
普段聞き慣れているはずの曲が、全く新鮮な印象で迫ってきます。
一流と超一流の違いは、物理的には僅かな差だと思いますが、心理的には大きな差があることを再認識させられた演奏でした。
ゲルギエフさんは第1部と第2部の間で指揮棒をおろさず、したがって咳払いの嵐も起こらず、僅かなインターバルを置いて、全曲を続けて演奏しました。
本当に、あっという間に終わってしまった印象でした。

ひとつのコンサートが終わってハシゴしているような気分の休憩時間に、ハープ奏者が舞台上で音の調整をしています。
「花のワルツ」をアンコールで演奏しそうだ…ということがわかり、楽しみが増える中、演奏会は後半へ。

チャイコフスキーになるとオケの響きは一変します。
野蛮な響きから一転して、何とも言えない上品な雰囲気の響きになりました。
しかし、上品ではあるものの、雄弁に語りかけ、たたみかけるような演奏。
この曲の第2楽章がこんなに凄い音楽だったなんて、初めて知ったような気がするくらいでした。

ゲルギエフさんは指揮台を置かずにステージに直に立って、譜面台を置いて、指揮棒を持っての指揮。
指揮台を置かない理由は、おそらく動き回るからでしょう。
時には、トップ奏者の譜面台に覆いかぶさるくらいにして、煽ったりしていました。
指揮をしながら、しきりに髪を気にして掻き上げていたのは、我らがマエストロ小澤征爾さんと同じくらいの頻度です。

ゲルギエフさんは、この交響曲でも第1楽章と第2楽章の間、および第3楽章と第4楽章の間で手を下ろさず、わずかな間をおいて続けて演奏しました。
第2楽章の後は、奏者が楽譜をめくる関係で若干間が空き、僅かな咳払いが起きてしまいましたが、会場全体がゲルギエフさんの魔術にかかってしまったかのような静寂さでした。
第2楽章の終わりでは、ゲルギエフさんは指揮棒を全く動かさず、それでいて音楽が鳴り続け、そしてピタッと終わったのはちょっとびっくりしました。

第3楽章も決して軽くなく、力強い音のパレード。
そして第4楽章は、普通に演奏しても会場が沸く曲なのに、ゲルギエフさんのパワフルな指揮による演奏ですから、ブラボーの嵐にならない方が不思議。

アンコール1曲目は、休憩時間にハープ奏者によって“予告”された「花のワルツ」。
この曲のために出ていたハープ奏者は、冒頭のソロを力強く雄弁に奏で、ゲルギエフさんはその間指揮棒をおろして、完全に任せていました。
交響曲のひとつの楽章のようなワルツは、まるで第5交響曲の第5楽章のよう。
中間部を結構煽った後、終結部はあまりたたみかけずに上品に終了しました。
まるで“5楽章のシンフォニー”の後の“本当のアンコール曲”のような「トレパーク」が小気味よく演奏され、大ホールの空間を完璧に支配したゲルギエフさんは去っていきました。

結論としては、ゲルギエフさんのCDを聴いても、真価はわからないということになりそうです。
評論家風に言えば、ゲルギエフさんの音楽は「マイクに入りきらない」ということになるのでしょう。
最初、「マリインスキーのオケの音は、私の好みとは違う」と思っていましたが(今でも少し思っていますが)、聞き込むとくせになりそうな魅力的な音ではあります。

雑誌の記事によると、ゲルギエフさんの演奏会は、多忙と過密スケジュールにより、ときには不出来のときがあるそうです。
「ハズレにあたらなければいいな」と多少心配していましたが、この日は来日後5日連続の公演をこなした後、2日休んだ後の演奏会でしたので、心配は杞憂でした。

|

« スダーン/東響(2007/11/10) | トップページ | ゲルギエフ/東響(2007/11/12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/17045634

この記事へのトラックバック一覧です: ゲルギエフ/マリンスキー歌劇場管弦楽団(2007/11/11):

« スダーン/東響(2007/11/10) | トップページ | ゲルギエフ/東響(2007/11/12) »