« マカル/チェコ・フィル(2007/11/22) | トップページ | 神奈川フィルの2008年度 »

2007年11月23日 (金)

アルミンク/新日本フィル(2007/11/23)

2007年11月23日(金)15:00
すみだトリフォニーホール


指揮:クリスティアン・アルミンク
新日本フィル

ヴァイオリン独奏:西江辰郎

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」~小序曲(アンコール)
20071123





チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、初演の時に評論家から「下品な、酒の匂いのする作品」と酷評されたという話しを聞いたことがあります。
しかし、この評論家はあながち間違っているわけではなく、ある意味、民族色豊かなこの曲の本質を突いている…という意見もあるようです。
しかし、この日の演奏は、なんと都会的なことでしょう。
初演時の評論とは対極にあるような演奏に感じます。
「ロシアの…」などという言葉は、私は一回も思い出しませんでした。
西江さんは新日本フィルのコンサートマスター。
あまり新日本フィルを聴く機会のない私には、普段の演奏する姿はわかりません。
この日は、先を急がず、ていねいに弾ききった印象でした。
アルミンクさんの指揮するオケも、比較的すっきりとした音作りをしたと思います。
演奏終了後、指揮者に握手を求めに行った西江さんを、アルミンクさんは抱擁でねぎらいました。そのときの西江さんの戸惑ったような姿に、ちょっと笑ってしまいました。

ショスタコーヴィチも、純粋な音響効果を目指した演奏のように聞こえました。
ショスタコーヴィチというと、葛藤とか、抑圧された思いとか、皮肉とかを求めがちですが、こういうショスタコーヴィチも、聴いていて快感であることは事実です。
ショスタコーヴィチも亡くなって30年以上たち、様々な演奏スタイルが成り立つ時代になっていると思います。
評論家の先生が聴いたらどのように論評するかわかりませんが、私はこの日の、きれいに揃った、よく鳴る演奏は満足しました。

この日の私の席は1階席。
昨日座った3階席は音響が今一歩でしたが、この日は残響感もあり、良い響きに聞こえました。

アンコールに「くるみ割り人形」の「小序曲」。
11月11日のゲルギエフさんのアンコールでも「花のワルツ」と「トレパーク」を聴きましたが、やっぱり「くるみ割り人形」はメルヘンチックで素晴らしい曲です。
この日も、ホール内が一瞬にしておとぎの国に変わってしまったような印象でした。
アルミンクさんの指揮で全曲を聴いてみたくなるような演奏でした。
「花のワルツ」なら組曲の終曲なので「終わった~」という気がしますが、「小序曲」だと「さあさあ、始まるよ~」という感じの曲ですので、連続ドラマの「つづく」で終わったような演奏会でした。

|

« マカル/チェコ・フィル(2007/11/22) | トップページ | 神奈川フィルの2008年度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/17163211

この記事へのトラックバック一覧です: アルミンク/新日本フィル(2007/11/23):

« マカル/チェコ・フィル(2007/11/22) | トップページ | 神奈川フィルの2008年度 »