« ボッセ/札響(2007/12/08) | トップページ | 2008年度のラインナップ »

2007年12月15日 (土)

尾高忠明/読響(2007/12/15)

2007年12月15日(土)18:00
サントリーホール


指揮:尾高忠明
読売日本交響楽団

ピアノ:ゲルハルト・オピッツ

マルトゥッチ:ピアノ協奏曲第2番
エルガー:交響曲第2番


フライングというほどではありませんが、エルガーの交響曲が静かに終わった後、ほとんど間髪を置かずに拍手を始めた人は会場の1割くらい。
ここで「ブラボー」と叫んだ人も一人いました。
でも、残りの9割くらいの人は静かに待ちました。
曲が終わってからほんの5~10秒くらいだと思いますが、尾高忠明さんが両手を下ろすと、残りの9割の人から盛大な拍手が起こり、盛大な「ブラボー」の声がかかりました。
このエルガーの曲は、チャイコフスキーの悲愴やマーラーの9番のような、消え入るように終わる曲ではありませんが、ブラームスの3番程度には静かに終わる曲です。
この日の“残りの9割”のお客さんは、心底、尾高さんのエルガーを堪能していたのだと思います。

前半のマルトゥッチの珍しい曲でも、オケはそこそこ良かったと思います。
しかし、この後半のエルガーの演奏を、観て、聴いてしまうと、やはり前半は、“単なる伴奏”ではなかったものの、「そこそこ」と言わざるを得ません。
不満の残る演奏ではありませんでした。
しかし、読響だったらもっとできるはずですし、現に後半のエルガーは素晴らしい演奏でした。
マルトゥッチという人は、イタリアの作曲家で、ブラームスの影響を強く受けているそうです。
プログラムの冊子には「ブラームス風のオーケストラの響き、シューマン風のピアノの運び」と書いてあり、聴いた印象もその通りでした。
しかし、なにぶん初めて聴く曲なので、私は捉えどころがわからないまま全3楽章が終わってしましました。
歴史に残った超一流の作曲家に比肩するのか、それとも一流の作曲家ではあったけれども超一流ではなかったのか、私にはわかりません。
でもトスカニーニが心酔していたそうですし、この日のオピッツさんは暗譜での演奏でした。
(通常、ピアノ協奏曲ではピアニストは暗譜で演奏しますが、珍しい曲の場合は譜面を置いての演奏もまれにあります。)
曲はよくわかりませんでしたが、オピッツさんのピアノは感情と情熱を込めて弾いているのがよくわかりました。
演奏が終わった後のオピッツさんは、本当に嬉しそうな笑みを浮かべていました。
きっと、演奏したかった曲だったのでしょう。
会場もそこそこ盛大な拍手でオピッツさんの演奏をたたえていましたが、もし演奏されたのがブラームスのピアノ協奏曲だったらもっと盛大だったでしょう。
オピッツさんのピアノが魅力的だっただけに、そう思ってしまいました。

さて、冒頭にも書いた休憩後のエルガーの演奏ですが、尾高さんの力の入り具合がすごい!
エルガーは尾高さんの得意なレパートリーとのことですが、完全に手の内に入っていることが見て取れます。
譜面を観ながらの指揮でしたが、譜面を目で追っている気配は全くなし。
ページはめくっていたはずですが、両手、頭、上半身をフルに使って、情熱的な指揮。
最初から最後まで、ずっと動いていました。
オケのメンバーも体を揺らしての熱演で応えました。
ところどころ、少しだけアンサンブルが荒くなりかけた箇所もあったような気もしますが、音を整えるよりも推進力を重視した結果だと思いますので、気になりませんでした。
エルガーの曲も(CDで聴いたことはありましたが)私にとっては、ややとらえどころがない曲です。
しかし、この日は、とらえどころがなくても、音の大河に身を任せていればよく、まったく退屈することなく50分が過ぎました。

尾高さんは、元読響の常任指揮者ということで「名誉客演指揮者」という肩書きを持っているのに、あまり登場回数は多くありません。
ぜひまた、振っていただきたいものです。

|

« ボッセ/札響(2007/12/08) | トップページ | 2008年度のラインナップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/17376825

この記事へのトラックバック一覧です: 尾高忠明/読響(2007/12/15):

« ボッセ/札響(2007/12/08) | トップページ | 2008年度のラインナップ »