« ホーネック/読響(2008/02/10) | トップページ | 金聖響/東京シティ・フィル(2008/02/15) »

2008年2月14日 (木)

ハーディング/東フィル(2008/02/14)

2008年2月14日(木)19:00
東京オペラシティ・コンサートホール


指揮:ダニエル・ハーディング
東京フィル
(第36回東京オペラシティ定期シリーズ)

マーラー/交響曲第6番「悲劇的」


なんと力強い音でしょう!
物理的な音の強さだけではないと思います。
強い「意志」が音に乗り移っていたのだと思います。

この日私が座ったのは3階席正面。
http://www.tpo.or.jp/japanese/ticket/seat/operacity/index.html
席のランクはA席で、私にしては高価なランクのチケットを買いました。
…というか、あまり席が残っていなくて、あまり選ぶ余地がなかったのです。
すぐ目の前は格安のT席。
僅か1メートル程度の距離ですが、チケット代の差額は大きい。
その差は、おそらく視覚の差でしょう。
T席に近い側だったのでちょっと心配しましたが、体をよじることも、身を乗り出すこともなく、少し遠いながらも舞台の95%くらいがが良く見えました。

音響に関しては、良く混ざり合ってひと固まりに近い感じに聞こえます。
第2ヴァイオリンが右側でチェロが左側に来る対向配置でしたが、さすがに距離がありますので、ステレオ効果はあまり感じませんでした。
残響感はそれほど感じませんが、乾いた音ではありません。
個人的には、視覚的には多少難があるものの、3階R1~2列の1~20番あたりの音の方が好きです。

それでも“ハーディングさんのマーラーの音”は、ビンビン伝わってきました。
舞台に近い席で聴いたらもっと凄かったのかもしれませんが、会場に居合わせることが出来たことを喜ぶべきでしょう。
第1楽章の最初の一音から、いきなり重戦車の大群が現れたような迫力。
その迫力も、決して粗野な爆演ではなく、冒頭に書いたような「意志」のこもった迫力です。
この大音量での迫力は、最後まで持続しました。

ただ、その反面、ゆっくりのテンポや弱い音の部分は、ほんの少し雑になったり、奏者がちょっとためらいがちに音を出す場面がなかったわけではありません。
この辺は、個人的には、4日前に聴いたホーネックさん指揮の読響の「復活」に軍配を上げたいような気もします。
しかし、それは些細なこと。
当夜の演奏を聴けて、私は、大満足でした。

この日は、第2楽章=アンダンテ、第3楽章=スケルツォの順番で演奏されました。
プログラムの冊子には、比較的詳しくいろいろな経緯が書かれていますが、今後は、この順番の演奏が主流になっていくのでしょうか。
記憶の限りでは、この順番で聴いたのは、私は、この日が初めてです。
(12月に聴いたインバルさん指揮の都響の演奏も、第2楽章=スケルツォ、第3楽章=アンダンテでした。)
私個人としては、長年慣れ親しんできた「第2楽章=スケルツォ、第3楽章=アンダンテ」の方が、しっくり来る印象でした。
ただ、第1楽章→第2楽章、第2楽章→第3楽章では違和感があったものの、第3楽章→第4楽章は、意外としっくり来ました。
もう少し時間がたって慣れてくれば、あまり気にならなくなるかもしれません。

第4楽章の最後の一音が鳴り終わってからハーディングさんが手を下ろすまで、20~30秒くらいだったでしょうか。
その間の静寂と緊張感は“音楽の一部”でした。

追記:
この日の録音が、後日2008年5月11日にNHK-FMで放送されました。
最後の一音が鳴り終わってから拍手が始まるまでの静寂は、38~9秒くらいでした。

|

« ホーネック/読響(2008/02/10) | トップページ | 金聖響/東京シティ・フィル(2008/02/15) »

コメント

ごめんなさい。私は全くついていけず、最後の拍手も早々に帰宅してしまいました。^_^;
1階の後ろの方にいたのですが金管ががなっている音しか届かず、あまりのバランスの悪さに眠い目が覚めてしまいました。うーん。昨年のインバルのときにはマーラーっていいなあ、と思ったのですが、また、良くわからないマーラーが再来した感じです。
これも個人の感想ということでご了承下さい。どうも、東フィルとは感覚が合わない。

投稿: ぴよ! | 2008年2月15日 (金) 11時19分

ぴよさま
満場大喝采の中、取り残されることって、ありますね。
私の場合、昨年11月のヤンソンス/バイエルン放送交響楽団とマカル/チェコ・フィルはそうでした。

投稿: 稲毛海岸 | 2008年2月16日 (土) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/40125664

この記事へのトラックバック一覧です: ハーディング/東フィル(2008/02/14):

« ホーネック/読響(2008/02/10) | トップページ | 金聖響/東京シティ・フィル(2008/02/15) »