« ボッセ/新日本フィル(2008/02/16) | トップページ | シュナイト/神奈川フィル(2008/03/08) »

2008年2月24日 (日)

二期会「ワルキューレ」(2008/02/24)

2008年2月24日(日)14:00
東京文化会館大ホール

東京二期会オペラ劇場
指揮:飯守泰次郎

ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」全三幕
200802241200802242
200802243




くせになりそう。
私は(まだ)ワグネリアンではなく、どちらかというとオペラよりもコンサートの方を好む人間ですが、こういう音を約4時間続けて聴いてしまうと、なぜ世の中にこれだけ多くのワグネリアンが居るのかと言う理由が、多少なりともわかるような気がします。
『これだけは見ておきたいオペラ』(新潮社)という本に堀内修さんが「退屈するなら、誰が4晩もかかる作品に付き合うものか。」という文章を書いていますが、“4晩”を“4時間”に置き換えれば、それがそのままこの日の「ワルキューレ」にあてはまると思います。
この長時間、東京文化会館の座席に座っているのは、東京から香港までエコノミークラスで行くのと同じようなものですが、それだけの価値はあったと思いました。

まず、飯守泰次郎さんの指揮するオーケストラの音が見事。
長丁場ですので、ちょっと音がずれたり、外したりという場面が無かったわけではありませんが、総じて、吠えたり、甘美になったり、官能的になったり、…といったワーグナーの音響を見事に体現していたと思います。
東京文化会館の響きは、残響感があまり感じられません。
でも、昨年5月のウィーンへの旅行時に聴いた国立歌劇場(シュターツオーパー)やフォルクスオーパーの音響は、サントリーホールよりも東京文化会館に近い感じでした。
歌劇場としては、あまり響きすぎない方が良いのでしょう。
個人的な好みとしては、もう少し音に包み込まれるような感じが欲しい感じもしますが、ストレートに音が向かってくる感じも、なかなか良いものでした。

歌手陣についても、皆それぞれ良かったと思いますが、フンディング役の小鉄和広さんの声が特に力強く迫ってきました。
これは、比較的出番が少なかったせいもあるのでしょうか。
他の主役陣は、力を入れて歌っている場面と、やや力を抜いて歌ってる場面があったようにも感じました。
歌い始めで「おや?ヴォータンにしてはちょっと弱々しいかな」などと思っていると、そのうちにどんどん声が強くなってきて、ここぞというところでは朗々と響く声が…という感じ。
確かに、これだけ長いと、最初から最後まで声を張り上げっぱなしというわけにもいかないのでしょう。
逆にメリハリがついて、聴く側の聴衆にとっても、私は良かったように思います。

演出は、オペラ通ではない私には、先進的なのか伝統的なのか、すばらしいのか平凡なのか、よくわかりませんでした。
DVDで観たメトロポリタン歌劇場のようなリアルな舞台装置ではありませんが、登場人物の服装は伝統的なスタイルの服装のようにも思えます。
特に奇抜な読替もなかったようです。

終演後の「ブラボー」の声が一番多かったは、やはり飯守泰次郎さん。
当然ですね。
1月に新国立劇場で観た同じ飯守さん指揮のR.シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」も良かったですが、やはり飯守さんのワーグナーは格別でした。

演出および装置:ジョエル・ローウェルス
衣裳:小栗菜代子
照明:石井リーサ明理
舞台監督:小栗哲家
公演監督:多田羅迪夫、曽我榮子

配役:
ジークムント:大野徹也
フンディング:小鉄和広
ヴォータン:泉良平
ジークリンデ:増田のり子
ブリュンヒルデ:桑田葉子
フリッカ:増田弥生
ゲルヒルデ:林志保
オルトリンデ:星野尚子
ヴァルトラウテ:三本久美子
シュヴェルトライテ:北澤幸
ヘルムヴィーゲ:吉村美樹
ジークルーネ:浪川佳代
グリムゲルデ:田辺いづみ
ロスヴァイセ:平舘直子

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

|

« ボッセ/新日本フィル(2008/02/16) | トップページ | シュナイト/神奈川フィル(2008/03/08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/40248211

この記事へのトラックバック一覧です: 二期会「ワルキューレ」(2008/02/24):

« ボッセ/新日本フィル(2008/02/16) | トップページ | シュナイト/神奈川フィル(2008/03/08) »