« シュナイト/神奈川フィル(2008/03/08) | トップページ | エッティンガー/東京フィル(2008/03/14) »

2008年3月 9日 (日)

秋山和慶/東響(2008/03/09)

2008年3月9日(日)14:00
府中の森芸術劇場 どりーむホール


指揮:秋山和慶
東京交響楽団

チェロ:長谷川陽子

エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
エルガー:チェロ協奏曲
ホルスト:組曲「惑星」

20080309_2




昨年、NHK-FMで大阪フィルの定期演奏会(2007年3月29日、ザ・シンフォニーホール)が放送されました。
そのときの秋山さん指揮の「惑星」、エルガーのチェロ協奏曲(独奏:ジャン・ワン)が素晴らしく、ぜひ秋山さんの「惑星」を生で聴きたい!と思っていたところ、この演奏会のことを知りました。
協奏曲の曲目も共通しています。

秋山さんの「惑星」を生で聴くのは、1986年3月8日のN響定期以来、22年ぶりです。
私は、1981年3月11日の東響定期で初めて秋山さんの指揮する演奏会を聴いて以来の秋山さんのファンです。
かつて秋山さんの指揮で聴いて大感激した曲を、近年の秋山さんの指揮で再度聴くと、素人が生意気なことを言うようですが、秋山さんの円熟を体感します。
この日も貫禄の棒さばきでした。

チューニングの音、そして1曲目の「威風堂々」の音を聴いて嬉しくなりました。
私がこのホールでコンサートを聴くのは今回が初めてですが、残響感もあり、なかなか良い音響です。
サントリーホールやオペラシティに匹敵するレベルではありませんが、私の座ったのは2階席前方に関して言えば、東京文化会館よりも私好みの音です。
多目的ホールということで少し心配していましたが、杞憂でした。
パイプオルガンがないことだけはハンディだと思いますが、東京文化会館だってありません。

コンサートマスターに高木さんが座り、ヴィオラの西村眞紀さんやフルートの甲藤さちさんなど、定期演奏会でおなじみのいつものメンバーが顔を揃え、秋山さんが指揮台に立てば、もう心配はいりません。
ずっと聴き続けてきた秋山&東響サウンドが響き渡りました。

2曲目のチェロ協奏曲は長谷川さんの音に魅了されました。
長谷川さんの演奏を生で聴くのも本当に久しぶりですが、朗々と鳴る音のスケールの大きさと音の艶に嬉しくなりました。
演奏が終わった後の会場の拍手は盛大でしたが、あまり長くは続かず、2回呼び戻しただけで終わってしまい、ちょっと申し訳ない気分。
都心のホールだったらもっとカーテンコールは長かっただろうと思われる好演でした。

休憩後の「惑星」は期待通りの名演。
「サントリーホールで聴きたかった」と思わなかった…と言ったらウソになりますが、逆にカラフルな色彩の音は、このホールの方がくっきりと出たかもしれません。
「木星」を聴きながら、「最近はいろいろ使われているけれど、やっぱりオリジナルをフルオーケストラで聴くのが一番!」と思いました。
「海王星」の終結部の音が消えていくところでは、ステージ上のライトを徐々に暗くしていき、最後は青っぽいかすかな光だけが残るという、クラシック音楽のコンサートでは珍しい演出もありました。
演奏終了後は、舞台裏で歌っていたコーラスのメンバーも舞台上に出て来て拍手を受けていました。

アンコールはもちろん無し。
この曲の後にアンコールはいりませんね。
開演前に会場に入って席についたとき、金管が「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」のようなフレーズを練習していたので「まさかアンコールに?」と思いましたが、そんなわけないですよね。
「ティル・オイレンシュピーゲル」と思ったフレーズも、私の聞き違いかもしれません。

|

« シュナイト/神奈川フィル(2008/03/08) | トップページ | エッティンガー/東京フィル(2008/03/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/40442101

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山和慶/東響(2008/03/09):

« シュナイト/神奈川フィル(2008/03/08) | トップページ | エッティンガー/東京フィル(2008/03/14) »