« ベリオのレンダリング | トップページ | マーラーの交響曲の思い出(01) »

2008年4月29日 (火)

インバル/都響(2008/04/29)

2008年4月29日(火・祝)18:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団
(都響スペシャル
エリアフ・インバル プリンシパル・コンダクター就任披露公演)

マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」

ソプラノ:澤畑恵美
ソプラノ:大倉由紀枝
ソプラノ:半田美和子
メゾソプラノ:竹本節子
メゾソプラノ:手嶋眞佐子
テノール:福井敬
バリトン:河野克典
バス:成田眞
合唱:晋友会合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
合唱指揮:清水敬一
児童合唱指揮:加藤洋朗

28日、29日、30日と、3公演とも全席完売となっただけでなく、オケと合唱が引き上げた後も無人の舞台に3回も呼び戻されたインバルさん。
スゴイ人気です。

指揮する姿を見ている限り、特に緊張感も力みもなく、普通に振っているだけ。
そうは言っても動きはしなやかで、音を形に表しているので、見ていて心地良いです。
第1部の終結部と、第2部の終結部は、さすがに鬼のような形相を見せましたが、それ以外は表情も比較的穏やか。
オーケストラのメンバーも、舞台に登場したときから特に緊迫感もなく、平静な雰囲気です。
コンサートマスター席に矢部さんと山本さんの二人が座っているあたりは、さすがに「プリンシパル・コンダクター就任披露公演」だからかなと思いましたが、昨年12月の「悲劇的」のときもそうでした。
「千人の交響曲」に身構えていたのは、全席完売のチケットを手に入れた聴衆の方だったのかもしれません。
しかし、その肩の力の抜けた演奏から出てくる音そのものは、轟音だったり、耽美的な弱音だったり…。
この、見た目はさりげなく振って、さりげなく弾いて、でも出てくる音はものすごい音…というのは、昨年12月の「悲劇的」のときの印象と一緒です。
でも、第1部の後半(児童合唱が登場するあたりから後)は、結構、熱演型の演奏になっていたと思いました。
また、第2部終結部は、ミューザの音響もあるのでしょうが、強奏でも音が飽和状態にならず、分解能とブレンドの両立したサウンドになっていました。

コーラスは晋友会なので期待したのですが、私の座ったRAブロックでは、おそらく角度の問題だと思いますが、今ひとつ音が迫ってきませんでした。
(2LAと2RAのP席寄り、およびP席を使っていましたが、私の席からはコーラスの3分の1は見えませんでしたので。)
また、ところどころ微妙に出だしが揃っていない箇所もあり、(最後の「Alles …」「Ist nur …」など)ちょっと意外でした。
児童合唱は舞台上後方で歌っていたので、私の席でも位置的な問題もなく、きれいなハーモニーが響いてきました。
コーラスは児童合唱も含めて暗譜での歌唱でした。

独唱者はPブロック1~列目での歌唱でしたが、第2部でのテノールの福井敬さんが特に印象に残りました。
まるでアニメを見ているかのような表情の変化で、かなりの感情移入をした力のこもった歌唱で圧倒されました。

なお、2-L1扉付近だと思いますが、第1部終結部と、第2部終結部で、バンダ(客席で吹く別働隊の金管楽器)が演奏。
第2部では女声の独唱も同じ位置で歌い、上方から降りそそぐ音は音響効果としてはなかなかのものでした。
(ちなみにバンダは、おそらく2-R1扉付近にも居たと思いますが、私の席からは見えませんでした。)

終演後はホール出口で記念品が配られました。
20080429




この曲は「めったに聴けない大作」という印象があるものの、一方で「意外と頻繁に演奏されているかも」という印象もあります。
ちなみに、今までに私が生で聴いたのは、この日が6回目です。
平均すると3~4年に1回くらいは聴きに行っていることになるようです。

|

« ベリオのレンダリング | トップページ | マーラーの交響曲の思い出(01) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/41036903

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2008/04/29):

« ベリオのレンダリング | トップページ | マーラーの交響曲の思い出(01) »