« シュナイト/神奈川フィル(2008/04/12) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2008/04/18) »

2008年4月13日 (日)

東京のオペラの森2008(2008/04/13)

2008年4月13日(日)15:00
東京文化会館大ホール

指揮:小澤征爾
東京のオペラの森2008オペラ公演

演出:ファルク・リヒター

※新演出・ウィーン国立歌劇場との共同制作

チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」(全3幕)

200804132200804133200804131_3









私にとってあまり馴染みの無かったチャイコフスキーのオペラですが、昨年は「スペードの女王」(指揮:小澤征爾)と、演奏会形式の「イオランタ」(指揮:ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー)の実演に接することが出来ました。

最初、予習を兼ねて「スペードの女王」の録画(NHK BS2で放送)を観たときは、とまどいました。
ストーリーからして暗い上に、輪をかけて音楽もめちゃくちゃ暗い!
「スペードの女王」は一瞬、観に行くのが嫌になったほどです。
「イオランタ」はハッピーエンドですが、最初の方は暗い音楽が続き、「おいおい、スペードの女王の続きかい?」と思いました。
この「エフゲニー・オネーギン」だって、陰惨と言って良いくらいだと思います。

しかし、慣れてしまえば麻薬のような作用があるのか、この暗さが快感に変わってきました。
チャイコフスキーだけあってメロディーはきれいだし、コーラスの使い方もうまい!
(大作曲家に向かって素人が言うセリフではありませんが。)(^^ゞ
また、過去の小澤征爾さんのキャリアで「チャイコフスキーのオペラで大成功」という場面が多々あったとも聞いています。
この日も大いに期待して会場に向かいました。

昨年の東京のオペラの森2007の「タンホイザー」では、オーケストラにもう少し上のレベルを望みたいところが、ごく僅かながらありました。
しかし一抹の不安を吹き飛ばして、今年のオケは実に雄弁。
第2幕あたりまでは、歌手よりもオケの方が雄弁な印象すらありました。
コーラスの響きにも満足。
そう言う意味では、小澤さんのチャイコフスキーを聴くという私の期待はかなえられました。

初日ということもあったのかもしれませんが、第1幕では歌手陣の声は、いまひとつ迫ってきませんでした。
タチヤーナの第1幕でのアリアも、第3幕での劇的な歌唱に比べると、少し非力だった感じ。
オネーギンも、同じく第3幕での歌唱に比べると第1幕はいま一歩の印象を受けました。
ただし第3幕での歌手は、あまり演技をせずに、直立して観客席の方を向いての歌唱だったので、比較的演技の動きが多かった第1幕、第2幕とは一概に比較できないかもしれません。
第2幕でのレンスキーも、迫力やテクニックよりも情感を優先したような感じ。
でも、第3幕でのグレーミン公爵は、逆に迫力満点でしたがあまり情感は感じませんでした。
圧巻だったのは、第3幕第2場でのタチヤーナとオネーギンのやり取り。
ここに至って、ようやくオケの雄弁さに歌手が追いついた感があります。
最後は劇的なフィナーレになりました。

舞台装置や衣装は写実的なものではなく、現代的なものでしたが、昨年の「タンホイザー」のような極端な読替があったわけではないので、素直に楽しめました。

第2幕第1場や第3幕第1場のパーティー?の場面以外では、背景で雪がずっと降り続いていますが、これはロシアを意識したものなのか、心理描写を意図したものなのか、雰囲気作りなのか。
少なくとも視覚効果はなかなかのものでした。
第3幕での最後の場面では、オネーギン一人を残してタチヤーナが降りしきる雪の中に消えていきました。

第1幕では、8組の男女が舞台後方で抱擁したまま静止しています。
何を意味しているのかわかりませんでしたが、第3場になって、オネーギンがタチヤーナの求愛を拒絶する場面で、一人、また一人と、男性が抱擁をふりほどいて去っていき、舞台上に女性だけ8人が取り残されました。
BGMの映像版みたいなものですが、この視覚効果も結構印象的でした。

新演出の初日を観るのは私は初めての経験でしたが、自分自身もわくわくするものがありますし、会場の雰囲気もなかなか良いものです。
歌手陣に関しては、もしかしたら回を重ねるごとにもっと良くなるかもしれません。

装置: カトリーン・ホフマン
衣装: マルティン・クレーマー
照明: カーステン・サンダー
振付: ジョアンナ・ダッドリー

オネーギン: ダリボール・イェニス(バリトン)
タチヤーナ: イリーナ・マタエワ(ソプラノ)※
レンスキー: マリウス・ブレンチウ(テノール)
オリガ: エレーナ・カッシアン(メゾ・ソプラノ)
グレーミン公爵: シュテファン・コツァン(バス)
ラーリナ夫人: ミハエラ・ウングレアヌ(メゾ・ソプラノ)
フィリッピエヴナ: マルガレータ・ヒンターマイヤー(メゾ・ソプラノ)
トリケ: ヘルムート・ヴィルトハーバー(テノール)
ザレツキー: 北川辰彦(バス)
隊長: 桝貴志(バリトン)

演奏:東京のオペラの森管弦楽団
合唱:東京のオペラの森合唱団
200804134200804135_2200804136_2   








※中央と右の写真(オペラする彫刻)の撮影日は2007年4月5日。

|

« シュナイト/神奈川フィル(2008/04/12) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2008/04/18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/40870953

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のオペラの森2008(2008/04/13):

« シュナイト/神奈川フィル(2008/04/12) | トップページ | スクロヴァチェフスキ/読響(2008/04/18) »