« マーラーの交響曲の思い出(07) | トップページ | マーラーの交響曲の思い出(09) »

2008年5月 5日 (月)

マーラーの交響曲の思い出(08)

■マーラーの交響曲の思い出:第8番「千人の交響曲」

この曲は「めったに聴けない大作」という印象があるものの、一方で「意外と頻繁に演奏されているかも」という印象があります。

1986年10月17日(金)19:00
サントリーホール

指揮:若杉弘
東京都交響楽団

ソプラノ:ルチア・ポップ
ソプラノ:豊田喜代美
ソプラノ:佐藤しのぶ
アルト:白井光子
アルト:伊原直子
テノール:ペーター・ザイフェルト
バリトン:ベルント・ヴァイクル
バス:フランツ・マイヤー
合唱:東京芸術大学音楽学部
合唱指揮:田中信昭
児童合唱:東京放送児童合唱団
合唱指揮:古橋富士雄
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」

残念ながら、年月の経過によって、演奏に関する細かい記憶に残っていませんが、サントリーホールのオープニング・シリーズのひとつでした。
この年はN響の創立60周年と定期公演1000回の記念の年に、サントリーホールのオープニングが重なり、サヴァリッシュが豪華な独唱者を引き連れて来日していました。
大好きだった故ルチア・ポップの独唱でこの曲が聴けた、思い出の演奏会です。
(サヴァリッシュ/N響によるサントリーホール会場初日の「第九」、N響定期公演1000回の「エリア」でもポップの独唱は聴きました。)

2001年11月10日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ジャナンドレア・ノセダ

東京交響楽団
ソプラノ:佐藤しのぶ
ソプラノ:家田紀子
ソプラノ:森麻季
アルト:坂本朱
アルト:栗林朋子
テノール:エフゲニー・アキーモフ
バリトン:フェドール・モジャエフ
バス:妻屋秀和
合唱:東響コーラス、にいがた東響コーラス
児童合唱:東京放送児童合唱団
合唱指揮:樋本英一、宇野徹哉、古橋富士雄
オルガン:松居直美
マーラー:交響曲第8番

ノセダの東響定期への初登場で、エネルギッシュな動作に驚嘆した記憶があります。
当時の「ゲルギエフのアシスタント」という触れ込みに「なるほど」と納得した記憶があります。
なお、私が森麻季さんを初めて聴いたのは、もっとずっと後だと思っていましたが、記録を見るとこのときにも聴いていたようです。

2008年4月29日(火・祝)18:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団

ソプラノ:澤畑恵美
ソプラノ:大倉由紀枝
ソプラノ:半田美和子
メゾソプラノ:竹本節子
メゾソプラノ:手嶋眞佐子
テノール:福井敬
バリトン:河野克典
バス:成田眞
合唱:晋友会合唱団
児童合唱:NHK東京児童合唱団
合唱指揮:清水敬一
児童合唱指揮:加藤洋朗
マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」

つい先日聴いた演奏会です。

|

« マーラーの交響曲の思い出(07) | トップページ | マーラーの交響曲の思い出(09) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/41101737

この記事へのトラックバック一覧です: マーラーの交響曲の思い出(08):

« マーラーの交響曲の思い出(07) | トップページ | マーラーの交響曲の思い出(09) »