« 飯森範親/東響(2008/06/07) | トップページ | お知らせ »

2008年6月15日 (日)

新国立劇場「椿姫」(2008/6/14)

2008年6月14日(土)14:00
新国立劇場
指揮:上岡敏之

ヴェルディ:椿姫

Img_3512




「オーケストラが主役」と言っても良いくらい、上岡敏之さんの引き出すオーケストラの音は魅力的でした。
残念ながら3階席からはピットの中はほとんど見えません。
「上岡さんの指揮姿を見たい!」と思いながら、耳はしばしばピットの中に吸い寄せられました。
微弱音では涙が出そうなくらいニュアンスに富んだ音。
ドラマティックな部分でも、決して下品にならない雄弁な音。
「伴奏」の域を凌駕した素晴らしいオケだったと思います。
「そこそこの外国人指揮者を呼ぶくらいなら、実力派の日本人指揮者にもっと日本でオペラを振ってほしい」という思いを強くしましたが、上岡敏之さんの場合は「来日」と言っても良いくらいの方ですので、次回はいつオペラを振っていただけるかわかりません。
「よくぞ振ってくれた」と感謝したいと思います。

歌手ではヴィオレッタ役のモシュクさんが、第1幕の華やかな雰囲気、第2幕の葛藤、第3幕の死にそうなヴィオレッタを描き分けて涙を誘います。
アルフレード役のサッカさんも、それに絡んでドラマティックな雰囲気を盛り上げていました。
ジェルモン役のアタネッリさんも健闘していたと思いますが、個人的にはこの役は、昨年のチューリッヒ歌劇場来日公演でレオ・ヌッチさんが歌った「威厳のある、ちょっとこわいお父さん」の強烈な印象がいまだに残っていたせいか、少しマイルドな印象を持ってしまいました。

舞台装置は設定に忠実なオーソドックスなものだと思います。
おそらく読み替えはほとんどなく、筋書きに忠実な演出だったのでしょう。
新国立劇場の「わかりやすさ」を重視した路線の一環だと思います。
私は個人的にはあまり奇抜な読み替え演出は好きではないので、安心して見ていられたのですが、あまりにオーソドックス過ぎて、なにかピリリと効いたスパイスのようなものが欲しい気にもなりました。
「オケが主役」「歌手陣も健闘」という状況で、「舞台装置と演出が伴奏」という感もありました。

この日、第1幕の最後と第3幕の最後では、幕が降り始めるとまだ音楽が鳴っているのに拍手が起こってしまいました。
まだまだ日本ではこういうことが多いですね。
第2幕第1場の終わりは幕が降りても拍手は起こりませんでしたし、第2幕第2場の終わりでは、音楽が鳴り終わった瞬間に照明が消えて暗転し、拍手はそれから起こりました。
もっと「音楽が鳴り終わった瞬間に暗転」という方式を多用してほしいと思うのは私だけでしょうか。

そうは言うものの、総じて上岡さんの手腕に大満足の公演でした。
筋書きはわかっているのに、涙が出そうなくらいジーンときてしまう。
音楽の力は偉大です。

【指揮】上岡敏之
【演出】ルーカ・ロンコーニ
【装置】マルゲリータ・パッリ
【衣裳】カルロ・マリア・ディアッピ
【照明】セルジオ・ロッシ
【振付】ティツィアーナ・コロンボ
【舞台監督】斉藤美穂
【芸術監督】若杉弘
【合唱指揮】三澤洋史
【合唱】新国立劇場合唱団
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

キャスト
【ヴィオレッタ】エレーナ・モシュク
【アルフレード】ロベルト・サッカ
【ジェルモン】ラード・アタネッリ
【フローラ】林美智子
【ガストン子爵】樋口達哉
【ドゥフォール男爵】小林由樹
【ドビニー侯爵】東原貞彦
【医師グランヴィル】鹿野由之
【アンニーナ】岩森美里
【ジュゼッペ】小田修一
【使者】大森一英
【フローラの召使い】黒田諭

2008年6月18日追記:
>上岡敏之さんの場合は(中略)次回はいつオペラを振っていただけるかわかりません。
と書きましたが、後で知りましたが、今年の秋に日生劇場で「魔笛」を指揮されるようです。

|

« 飯森範親/東響(2008/06/07) | トップページ | お知らせ »

コメント

オペラって、演奏中、たとえば素晴らしいアリアの後とかで拍手ってありなんですか?
バレエだと1曲の踊りが終るごとに拍手&ご挨拶で、本当にすごい技の時なんて、当然その最中から拍手で、曲の途中でも指揮者が音楽を止めてお辞儀、なんてあるんですけど…。
椿姫だったら、初めてでもわかりそうですね。あぁ、オペラ、一度観てみたいです。

投稿: gizmo | 2008年6月16日 (月) 10時27分

>gizmoさん
私もそんなにオペラ通ではありませんが、“アリアの後の拍手”があるオペラの方が多数派なのではないでしょうか。
実はこの日は、風邪気味で咳を我慢しながら観ていたので、アリアの後の拍手のひとときが嬉しかったです!
拍手もせずに、ゲホン、ゲホン、と…(^^ゞ
もし、ワーグナーの楽劇やリヒャルト・シュトラウスの「サロメ」のような“アリアの後の拍手”が無い、切れ目無く2時間近く続く演目だったら、窒息していたかもしれません。(^_^;)

投稿: 稲毛海岸 | 2008年6月16日 (月) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/41537446

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立劇場「椿姫」(2008/6/14):

« 飯森範親/東響(2008/06/07) | トップページ | お知らせ »