« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の2件の記事

2008年8月31日 (日)

フルネ/都響(1995/12/24)

1995年12月24日(日)14:00
東京芸術劇場大ホール

指揮:ジャン・フルネ
東京都交響楽団
(都響スペシャル)
ソプラノ:澤畑恵美
アルト:寺谷千枝子
テノール:小林一男
バリトン:木村俊光
合唱:二期会合唱団

メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
ベートーヴェン:交響曲第9番

今年になってまた、引退されたジャン・フルネさんが都響を指揮されたCDが発売になっています。
この演奏会のCDも発売されました。(収録曲目は「第九」のみ。)
数ある「第九」のCD中でこのCDがベスト1だと主張するつもりは毛頭ありませんが、この日会場で聴いて感動した私にとっては、このCDの発売は本当に嬉しい贈り物でした。

この年(地下鉄サリン事件の年ですがそれはさておき)の手帳を見返してみると、目に付くものだけでも朝比奈隆さん(都響、東響、N響)、先日亡くなられたホルスト・シュタインさん(N響)、紀尾井ホールのオープニング、ピエール・ブーレーズ・フェスティバル(私が聴いたのはロンドン響)、インバルさん(都響)、マリナーさん(都響)、ブロムシュテットさん(N響)、若きパーヴォ・ヤルヴィさん(東響)、プレヴィンさん(N響)、サヴァリッシュさん(N響)、デュトワさん(N響)と、「今になってみれば、恵まれた年だった」と感じられるような演奏会が記録されています。
この“演奏会に恵まれた1995年”の最後に聴いたのが、このフルネさんの「第九」だったのでした。

まだ80歳台前半だったフルネさんの指揮は、例によって格調高いもので、なんとも上品なサウンドでした。
しかし、上品だからと言って、情熱に欠けていたり、重量感に欠けていたりということは一切ありません。
曲の最後の重厚な響きもかなりの迫力です。
引退される頃の演奏に比べてテンポも引き締まっており、かといって先を急ぐような音楽ではなく、もしかしたらフルネさんの最良の時だったかもしれません。
今、冷静に「記録」としてのCDを聴き返して、この日の会場での感動が100%戻るわけではありませんが、13年前の記憶を追体験できるのは幸せなことです。

このCDは、雑誌「レコード芸術」の2008年7月号の評では小石忠夫さんが「準推薦」とされています。
文章からすると、指揮とオケには不満はなく、第4楽章の独唱者と合唱に対して、さらに上のレベルを望みたいという意図で「推薦」ではなく「準推薦」にされたものと思われます。
しかし、当日の私は声楽にも大満足でした。

実はフルネさんはこの前の年(1994年)にも「第九」を指揮されていて、私のそのうち2回を聴きました。
(フルネさんは都響で25回「第九」を指揮されたそうですが、私が聴いたのは1994年~1995年の3回だけです。)
その前年の「第九」のうち、新宿文化センターで開催された演奏会(1994年12月11日)の方が、合唱が「新宿文化センター第九合唱団」という団体で、残念ながらアマチュアの域を出ておらず、がっかりしたことがあったからです。
「みんなで第九を歌おう!」という思いを否定するつもりはありませんが、フルネさんの指揮じゃなくてもいいんじゃない?…と思いました。
プログラムの冊子を見ると「団員324名」と書いてあります。
その全員が出演したかどうかはわかりませんが、事実、舞台上の合唱団員はかなりの大人数でした。
そして、この年、もう1回聴いた東京芸術劇場でのフルネさんの第九(1994年12月24日)の合唱はプロの二期会合唱団で、人数ははるかに少ないのに迫力は数段上。
もちろん表現力も数段上…と言うより、比べものにならないくらい上。
こうして“口直し”をして大満足した演奏会の1年後の再会が、このCDになった演奏会だったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

秋山和慶/東響(2004/12/4)

2004年12月4日(土)18:00
サントリーホール

指揮:秋山和慶
東京交響楽団
(第521回定期演奏会)
ヴァイオリン:竹澤恭子

バーンスタイン:「キャンディード」序曲
コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲

~ジョン・ウィリアムズの世界~
 コール・オブ・ザ・チャンピオンズ
 7月4日に生まれて
 「ハリー・ポッターと秘密の部屋」組曲
 シンドラーのリスト
 スター・ウォーズ「帝国の逆襲」交響組曲
 レイダース・マーチ
(アンコール)

4年前の演奏会のことを突然思い出しました。
この年は、スダーンさんが東京交響楽団の音楽監督に就任した年です。

なぜこの演奏会のことを思い出したかと言うと、本日(2008/08/23)、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」という映画を見に行ったからです。

6月の上岡敏之さんの「椿姫」の後、体調を崩して6月下旬から11日間入院しました。
幸い(?)、6月は元々あまりコンサートやオペラの予定を入れていませんでしたが、7月上旬の退院以降、行く予定だった7月と8月のコンサートとオペラを全てキャンセルしました。
(医師の言葉を借りれば、退院は完治ではなく、通院治療が出来るレベルになったに過ぎないとのこと。そして、その通りでした。)
7月下旬にはそこそこ体調も回復していましたが、気分的にまだ音楽を心から楽しめる状態になっていなかったのと、あくまでも“本業”を優先すべきでしたので、全席完売のチケットも何公演か持っていたのですが、全て手放しました。
当然のことですが、夜間・休日は、平日の“本業”のための体力温存と疲労回復が最優先だったわけです。

最近、ようやく自宅でCDを聴いて「楽しい」と感じる精神状態になってきました。
そして、ようやく「休日にちょっと遊びに行ってみようか」という気分になってきたのです。
本日(2008/08/23)聴きたいコンサートというと、京都市交響楽団(指揮:沼尻竜典さん)のショスタコーヴィチの交響曲第8番ですが、さすがに関東から京都まで聴きに行く元気はないので、ふだんほとんど観に行かない映画を観に行くことにしました。
約20年ぶりの「インディ・ジョーンズ」だけは、観てみたかったのです。
(ちなみに私の手帳には6月の封切り日が書いてありましたが、その日にはすでに体調が悪化していました。)

映画自体は「娯楽としては最高の贅沢」と思ってみていましたが、実感…というか再認識したのは、今さら言うまでもないことですが、映画は映像だけでは成り立たず、音響、特に音楽の力は偉大だということです。
映画館に入って、あのインディー・ジョーンズのテーマ音楽(正確には、第1作「レイダース/失われたアーク」~ジョン・ウィリアムズ作曲「レイダース・マーチ」)が流れてくると、気分はもうインディ・ジョーンズのアドベンチャーの世界です。
パンフレットも買ったので帰りの電車の中でめくってみましたが、写真を見ても「音」が無いと全然雰囲気が違う。
画像の大きさや、静止画か動画か、という次元の話しではなさそうです。
その証拠に(?)、サウンドトラックのCDも買ってきたので、自宅でそれを再生しながらパンフレットめくってみると、「音」があるのと無いのとでは、印象が全く違います。
しばらくは、このサウンドトラックが愛聴盤になるかもしれません。

なお、このサウンドトラック以外にも、私が持っているエリック・カンゼルさん指揮、シンシナティ・ポップス・オーケストラのCDと、作曲者自身のジョン・ウィリアムズさん指揮、ボストン・ポップス・オーケストラのCDにも「レイダース・マーチ」は入っています。
カンゼルさん指揮の方は、ずっと私の愛聴盤でした。

さて、最近の映画館は音響が良いので、自宅とは比較にならない良い音を堪能して、(そのときは)満足して帰ってきました。
しかし、欲には限りがないもので、クラシック音楽のファンとしては、どうしても、この「レイダース・マーチ」を、生のオーケストラの演奏で聴きたくなってしまいます。

…ということで思い出したのが、冒頭に上げた、東京交響楽団の定期演奏会です。
4年前のことなのですが既に記憶は風化しつつあり、演奏会全体のことはあまり覚えていません。
しかし、アンコールで演奏された「レイダース・マーチ」だけは、光景とともに鮮明に覚えているのです。
(アンコールがこの曲一曲だけだったかどうかは、自信がありません。)
この日の「ジョン・ウィリアムズの世界」と題した曲目を見て、私は「インディ・ジョーンズ(レイダース・マーチ)かジュラシック・パークをアンコールにやってくれないかなぁ」と思っていました。
そして、本当にアンコールで「レイダース・マーチ」の演奏が始まったときは、宝くじでも当たったような気分でした。
オーケストラの生演奏で、それもサントリーホールにおける秋山和慶さん指揮の東京交響楽団の定期演奏会でこの曲を聴いた喜び!
秋山さんの、比較的カチッと引き締まっていながら色彩感のある音。
至福の約5分間でした。

再演を期待したいところですが、元々、オーケストラの演奏会としては異色の選曲。
おそらく、私が「レイダース・マーチ」の生演奏を秋山和慶さん指揮で聴く機会は、もう二度と来ないでしょう。
一生の思い出になってしまうかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »