« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2008/09/23) | トップページ | ウィーン国立歌劇場「フィデリオ」(2008/10/26) »

2008年9月27日 (土)

スダーン/東響(2008/09/27)

2008年9月27日(土)18:00
サントリーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団
(第559回定期演奏会)
ヴァイオリン:アラベラ・美歩・スタインバッハー

シューベルト:交響曲第5番
ベルク:ヴァイオリン協奏曲-ある天使の思い出に-
J.S.バッハ:無伴奏ソナタ第3番からアンダンテ
(アンコール)
シューベルト:交響曲第6番

決して有名曲、人気曲の部類に入らないと思われるシューベルトの6番ですが、演奏が終わった後は盛大な拍手とともにずいぶん「ブラボー」の声もかかっていました。

今シーズンの東京交響楽団の定期演奏会はシューベルト・ツィクルスで、特に音楽監督のスダーンさんが振った5月17日の1番と4番が、目の覚めるような素晴らしい演奏でした。
(この日のライヴCDが「東響主催演奏会場限定」という触れ込みで販売されていました。)
その“続き”ということで、当然この日も期待度大だったわけですが、その期待は満たされたと思います。

この日は、5番と6番の対比が非常に効果的に描き分けられていたと思います。
プログラムの冊子の広瀬大介さんの曲目解説も「木刀を真剣に持ち替える」という比喩で、シューベルトが6番に込めた気概が書かれています。
私は今まであまり意識して聴いていませんでしたが、6番は5番から大きく飛躍した曲のようです。

この日の演奏会で、最初に5番の演奏が始まったときは、「あれ?意外とまろやかな演奏だな」と思いました。
ティンパニが入っていない編成のためかもしれませんが、あまり鋭い音はなく、まるでモーツァルトのディベルティメントか、29番のシンフォニーのよう。
でも、その美しさは比類がありません。
特に「ハーモニー」という意味では、弦と管が溶け合い、まるで一人の奏者が弾いているかと錯覚するような素晴らしい出来。
会場では、この曲で居眠りをしている人が何人も目につきましたが、何となくわかるような気がします。
退屈ではなく、恍惚感で寝入ってしまった人も多かったのではないでしょうか。

それに対して6番は、バロックティンパニが加わり、時折鋭い音を交えて、メリハリをきっちりつけた推進力のある演奏。
6番がこんなにスケールが大きい曲だということは、この日初めて実感したような気がします。
「未完成」「グレイト」に時期的に一番近い曲を、私は今まであまりにも軽視していました。
この曲でのハーモニーは、溶け合うというよりは、分解能が良くくっきりしたアンサンブルに感じましたが、「まるで一人の奏者が弾いているような」という印象は5番と同じ。
スダーンさんの意図が隅々まで浸透しているということなのでしょう。

これらシューベルト2曲に挟まれてベルクのヴァイオリン協奏曲が演奏されましたが、スタインバッハーさんのソロも相まって、これもなかなか美しい演奏。
まるでロマン派の有名曲のように感情を込めてこの曲を自在に弾きこなすスタインバッハーさんの演奏は非常に魅力的でした。
アンコールの選曲も、バッハの無伴奏の中では、前後の曲にマッチする非常に良い曲を選んだような気がします。
シューベルト(まろやか系)→ベルク→バッハ→シューベルト(メリハリ系)という曲順は、聴いてみると結構しっくり来ました。

|

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2008/09/23) | トップページ | ウィーン国立歌劇場「フィデリオ」(2008/10/26) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/42615271

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2008/09/27):

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2008/09/23) | トップページ | ウィーン国立歌劇場「フィデリオ」(2008/10/26) »