« スダーン/東響(2008/11/01) | トップページ | 新国立劇場「リゴレット」(2008/11/03) »

2008年11月 2日 (日)

スダーン/東響(2008/11/02)

2008年11月2日(日)14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:ユベール・スダーン
東京交響楽団
(川崎定期演奏会 第18回)
ピアノ:アンドレア・ルケシーニ

シューベルト:交響曲第3番
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
スカルラッティ:ソナタト長調より
(アンコール)
シューベルト:交響曲第2番

前日のサントリーホールでの定期演奏会も聴いたのですが、この日も当日券で聴きに行ってしまいました。
理由はふたつ。
ひとつめの理由は、ピアノ協奏曲の聴き直しです。
昨日は、私は集中して聴くことが出来ませんでした。
ふたつめの理由は、交響曲第2番の第4楽章がめちゃくちゃ楽しかったからです。
これは、もう1回聴きたいと思いました。

この日も、ステージ後方の2階LAブロックの席で、何度も何度も咳をしている人がいましたが、ハンカチで口を押さえ、遠慮がちにしていたので、それほど鑑賞の妨げにはなりませんでした。

ベートーヴェンのピアノ協奏曲は、やはり素晴らしい演奏でした。
ピアノは淡々と弾いているようでいて、出てくる音は味わいのある深みがあり、独奏のルケシーニさんの懐の深さを感じました。
オーケストラも、第2楽章冒頭などで迫力を感じる部分もありましたが、全体的には味わい深さを感じる演奏。
同じ指向の音楽でピアノとオケが有機的に繋がり、ホール全体が心地良い陶酔感で満たされた印象です。
この曲の演奏中、寝ている人が結構いましたが、気持ちはわかるような気がします。
退屈で寝てしまったのではなく、あまりにも心地良くて寝てしまったのではないでしょうか。
私も「このまま寝てしまったら気持ちいいだろうな」と思いつつ、この素晴らしさを最後まで見届けようと、集中して鑑賞しました。
前日の借りは返せた」と言って良い体感でした。

当初、この演奏会にはジャンルカ・カシオーリさんの独奏が予定されていましたが、来日不可能になり、スダーンさんの推薦でルケシーニさんの出演が決まったそうです。
本当によいピアニストを連れてきてくれて、スダーンさんにも感謝です。

交響曲もわくわくしながら、楽しく聴きました。
2回目なので「驚き」の気持ちは少なくなり、昨日ほど興奮はしませんでしたが、それでも、かなりエキサイティングな演奏です。
5月の定期演奏会の第1番と第4番のCDに続いて、9月の定期演奏会での第5番と第6番のCDが、会場限定で販売されていました。
(もちろん購入してきました。)
この日の演奏も、CD化を期待して待ちたいと思います。

ミューザ川崎の音響は席によって結構差があるようですが、この日は私の好きな場所。
サントリーホールのよく響く暖かみのある音も好きですが、この日の席の聴感ではサントリーホールよりは分解能が良い印象で、特にピアノの音はくっきりと聞こえました。

|

« スダーン/東響(2008/11/01) | トップページ | 新国立劇場「リゴレット」(2008/11/03) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/42985380

この記事へのトラックバック一覧です: スダーン/東響(2008/11/02):

« スダーン/東響(2008/11/01) | トップページ | 新国立劇場「リゴレット」(2008/11/03) »