« テミルカーノフ/サンクトペテルブルク・フィル(2008/11/05) | トップページ | ゲルギエフ/ロンドン響(2008/12/05) »

2008年11月28日 (金)

ヴァンスカ/読響(2008/11/28)

2008年11月28日(金)19:00
サントリーホール

指揮:オスモ・ヴァンスカ
読売日本交響楽団
(第508回名曲シリーズ)
トロンボーン:クリスチャン・リンドバーグ

《ヴァンスカ・ベートーヴェン交響曲シリーズ IV》
アホ:交響曲第9番~トロンボーンと管弦楽のための
メディーバルダンス 1457年古典の曲
(アンコール)
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

20081128




田園交響曲ですから演奏時間は40分くらいはかかったはずですが、体感的には、まるで15分くらいで終わってしまったような「あっという間」の出来事。
決してオーソドックスではない「誇張」や「強調」が続出する演奏です。
その「誇張」や「強調」には、リズムや旋律の強調だけでなく、聞こえるか聞こえないかの弱音も含まれています。
しかし、聴いていて違和感を感じないどころか、「確かにこうあるべきだ」と思ってしまう、音楽的な陶酔感を感じさせる演奏でした。

昨年の1番と2番の演奏会を聴いて大感激しましたし、ミネソタ管弦楽団とのCDも素晴らしいので、今年も大いに楽しみにしていましたが、期待は裏切られませんでした。
10日ほど海外出張に行っていたので、4番と8番の日はチケットを買ってあったのに聴けませんでしたが、この日の演奏を聴けたことだけでも感謝したいと思います。

前半のアホの交響曲は、形式的には協奏曲です。
ソリストも大活躍します。
でも聴いてみると、確かに「交響曲」という言葉も納得できます。
独奏トロンボーンが目立ちますが、ところどころで登場するチェンバロの音色も実に印象的。
曲の方も、リズムが炸裂する部分もあれば、旋律が歌う部分もあり、初めて聴いた私には捉えどころが難しかったですが、なかなか面白い曲です。
こういう珍しい曲を「田園」の前に置いて、多くの聴衆に聴かせてしまおうというプログラミング上の魂胆は大歓迎。
私だって、アホの曲が2曲並んでいたら、いくらヴァンスカさんの指揮であってもチケットを買うのを躊躇したでしょう。
なかなか面白い演奏会でした。

|

« テミルカーノフ/サンクトペテルブルク・フィル(2008/11/05) | トップページ | ゲルギエフ/ロンドン響(2008/12/05) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/43257340

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンスカ/読響(2008/11/28):

« テミルカーノフ/サンクトペテルブルク・フィル(2008/11/05) | トップページ | ゲルギエフ/ロンドン響(2008/12/05) »