« 広上淳一/読響(2008/12/15) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2008/12/26) »

2008年12月17日 (水)

ドゥダメル/SBYO(2008/12/17)

2008年12月17日(水)19:00
東京芸術劇場大ホール

指揮:グスターボ・ドゥダメル
シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ

・オブ・ベネズエラ

ラヴェル:バレエ「ダフニスとクロエ」第2組曲
カステジャーノス:パカイリグアの聖なる十字架
チャイコフスキー:交響曲第5番
バーンスタイン:「ウエスト・サイド・ストーリー」~「マンボ」

(アンコール)
ヒナステラ:「エスターシア亜」~「マランボ」(アンコール)

Img_4020




前半の曲で「なかなかやるじゃない!」と思っていたのは大間違い。
休憩後のチャイコフスキーでは、超・大編成のオーケストラが、うねる、うなる、叫ぶ、…。
それが音の洪水となって物凄い迫力で迫ってくるのに、決して爆演ではなくて音楽的に格調のある演奏。
ドゥダメルさんの指揮も、動くときは激しく動くけど、ずっと振りっぱなしではなく、肩に力が入っている様子はない。
やはり、ただ者ではありません。

アンコールに入ると、曲が曲だけに、大騒ぎの様相。
オケのメンバーは、演奏しながら身体を揺らすにとどまらず、楽器をくるくる回したり、次々に立ち上がったり、バレエのように回転したり…。
弦楽器だけでたぶん100人近くいたとおもいますが、それでいて、演奏が破綻しないのが不思議でした。

チャイコフスキーが終わった時点で1階席は総立ちに近い状態でしたが、2曲のアンコールが終わってオケが引き上げた後も当然拍手は鳴りやまず、ドゥダメルさんを舞台に呼び戻しました。
1回目も2回目もドゥダメルさんはなかなか出て来ませんでしたが、拍手は小さくなるどころかどんどん大きくなり、最後は手拍子に。

このように、後半があまりにもすごかったので、前半の印象がかすんでしまいましたが、この日は、まず、会場に入ってたとたん、舞台上に並んだ椅子の多さに度胆を抜かれました。
まるで二つのオケの合同演奏会みたい。
そのメンバーが立ち上がって、両国の国歌の演奏で始まりました。
君が代を日本人が聞いて違和感を感じさせない(むしろ、聞き惚れる)演奏をしたのも素晴らしい。
ダフニスとクロエは、デュトワさんとは対極にあるような、ある意味、荒々しさを内面に秘めた(牙をかくして優雅にふるまった)印象もありましたが、フルート・ソロの音色と技術をはじめ、オケの技量の高さを示していました。

この日はテレビカメラが入っていましたが、この日の興奮を再現できるかどうかは別として、よくぞ記録してくれた…と感謝し、放送を楽しみにしたいと思います。

こってりとした高カロリーのごちそうをたらふく食べた感じで、お腹いっぱい。
毎日食べたら胸やけしそうです。

|

« 広上淳一/読響(2008/12/15) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2008/12/26) »

コメント

はじめまして。
私も池袋に聴きに行きました。
すばらしい演奏会でしたね。
「若さ・エネルギーのかたまり」という感じで、圧倒されました。

投稿: Lionbass | 2008年12月18日 (木) 14時14分

Lionbassさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
本当に圧倒されましたね。
大編成で視覚的にも圧倒されましたが、音楽的には、音量ではなく、音楽にかける情熱に圧倒されたように感じました。

投稿: 稲毛海岸 | 2008年12月18日 (木) 22時16分

ドゥダメルさんのこと、実はこの日の新聞で知りました。当日券で、とも一瞬思ったのですが…。
「音楽に掛ける情熱」ですか。行ってたら、私なんて、その熱狂の渦に飲み込まれて完全にやられちゃってましたね(笑)。

投稿: oyamanoneko | 2008年12月19日 (金) 23時05分

oyamanonekoさん
会場では翌日のチケットを販売していましたが、さすがにこの演奏を2日続けて聴く元気はないのでパスしました。
国際フォーラムの巨大?ホールで、この大編成のオケがどういう響きになるのか、ちょっと興味はあったのですが…。

投稿: 稲毛海岸 | 2008年12月21日 (日) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/43450685

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥダメル/SBYO(2008/12/17):

» シモン・ボリバル・ユース・オーケストラの衝撃 [音楽・読書・ときどき旅行日記]
きのう衝撃的な演奏会を聴いてきました。 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ、指揮はグスターボ・ドゥダメル。 http://eplus.jp/sys/web/s/sb/index.html 【プログラム表紙】 「ユース・オーケストラ」とは、日本では通常「青少年オーケストラ」などと呼ばれるわけですが、このオケの場合、音楽教育を通じて貧困層の子どもたちの成長をサポートするベネズエラの国家プロジェクトが基盤となっているそうです。 「エル・システマ」と呼ばれるこのプロジェクトは... [続きを読む]

受信: 2008年12月18日 (木) 13時07分

« 広上淳一/読響(2008/12/15) | トップページ | 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2008/12/26) »