« 朝比奈/都響(1995/1/22) | トップページ | 小澤征爾/新日本フィル(2009/01/17) »

2009年1月17日 (土)

ラザレフ/日本フィル(2009/01/17)

2009年1月17日(土)14:00
サントリーホール(大ホール)

指揮:アレクサンドル・ラザレフ
日本フィル
(第607回定期演奏会)
ヴァイオリン:漆原朝子
ヴィオラ:今井信子

<プロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクトvol.1>
プロコフィエフ:交響曲第1番「古典」
モーツァルト:協奏交響曲
プロコフィエフ:交響曲第7番「青春」(オリジナル版)
プロコフィエフ:交響曲第7番「青春」~第4楽章(改訂版)
(アンコール)

最近の日フィルのアンサンブルについては、いろいろ不評も聞きますが、この日はずいぶん頑張っていたと思います。

私が日フィルの会員だったのはずいぶん前なので最近のことはあまりわかりませんが、当時は素人耳にもわかる出来不出来の差があったように思います。
ハズレのときは「あらら」と家路につくわけですが、アタリのときがめちゃくちゃ面白く、結構楽しんでいました。

この日、古典交響曲が始まった瞬間、ピカピカに磨き上げられた音がホールに広がりました。
サウンドとしては上々。
ラザレフさんの力強い推進力も爽快。
ただ、オケは余裕をもって弾いていたわけではなかったようで、茶目っ気たっぷりの表情付けの部分はいま一歩。
後半の7番も含めて、スローテンポの部分はもう少し酔わせてほしい感じ。
7番の最後の部分の金管の音はちょっと…。
舞台の袖に引き上げるときのラザレフさんの目は笑っていなかったように見えました。

ラザレフさんが日本語でアンコール曲を紹介し(「書かされた」を3回繰り返して笑いを誘っていました)、もう一度演奏した終楽章では、金管の音は、まあまあ改善されました。

モーツァルトの協奏交響曲ではソリスト2人の音がきれい。
でも、オケの方は冒頭を除いて少し控え目だった印象です。

…と、ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、プロコフィエフについてはラザレフさんのトレーニングの効果が出ていたようですし、曲の面白さも伝わってきましたので、予定が合えば次回のツィクルスも聴いてみたいと思いました。

|

« 朝比奈/都響(1995/1/22) | トップページ | 小澤征爾/新日本フィル(2009/01/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/43770968

この記事へのトラックバック一覧です: ラザレフ/日本フィル(2009/01/17):

« 朝比奈/都響(1995/1/22) | トップページ | 小澤征爾/新日本フィル(2009/01/17) »