« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2009/1/31) | トップページ | 秋山和慶/東響(2009/02/08) »

2009年2月 7日 (土)

ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/07)

2009年2月7日(土)15:00
すみだトリフォニーホール

指揮:フランス・ブリュッヘン
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第441回定期演奏会)

天使ガブリエル、イヴ :
 マリン・ハルテリウス(ソプラノ)
天使ウリエル:
 ジョン・マーク・エインズリー(テノール)
天使ラファエル、アダム:
 デイヴィッド・ウィルソン=ジョンソン(バス)
合唱:栗友会合唱団
合唱指揮:栗山文昭

ハイドン:オラトリオ「天地創造」

新日本フィルのサウンドは、在京オーケストラでは“ブリュッヘンさんの音”を出すのに一番適しているかも…と思いながら聴いていました。
ステージ左側(下手)に第1ヴァイオリンとヴィオラとコントラバス、右側(上手)に第2ヴァイオリンとチェロという配置でノン・ヴィブラート奏法。
劇的なスタイルと言うよりは、比較的淡々と演奏されたようなスタイルに感じましたが、音楽が味わい深いので、聴いていて心地良い。

私の座った席からだとソリストの声を論じる資格はありませんが、ソプラノのハルテリウスさんが好印象。
客席に向かって語りかけるような表情で、心を込めて歌っていたようです。
コーラスも澄んだ響きのきれいなハーモニーでした。

20090207




第1部と第2部が1時間をこえて続けて演奏され、休憩の後に30分ほどの第3部が演奏されました。
ブリュッヘンさんのこの曲のCDでも、DISC1に第1部と第2部、DISC2に第3部が収録されています。
確かにストーリー的には、こういう切り方が妥当なのかもしれません。
ただ、私個人としては、聴き手としての集中力を維持するのが結構難しかったです。
休憩前の演奏も真ん中辺で「やっぱりちょっと長いな」と感じたり、休憩後が気分が高揚する前に終わってしまった感があったり…。
…という個人的な集中力の問題かもしれませんが、私としては前半(第1部と第2部)の方が、より楽しんで聴けました。

なお、プログラムの冊子とともに歌詞の対訳が配付されましたが、再三の場内アナウンスにもかかわらず、演奏中、ページがかわる箇所で会場中からガサガサガサというページをめくる音が発せられたのはちょっと興ざめでした。

|

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2009/1/31) | トップページ | 秋山和慶/東響(2009/02/08) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/43986026

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/07):

» 居眠りする間に天地は創造されていた… [Internet Zone::WordPressでBlog生活]
今日は、久しぶりに新日フィルの定期演奏会で、すみだトリフォニーホールへ。プログラムは、フランス・ブリュッヘンの指揮による、ハイドンのオラトリオ「天地創造」。 全3部で110分... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 07時29分

« 飯守泰次郎/東京シティ・フィル(2009/1/31) | トップページ | 秋山和慶/東響(2009/02/08) »