« 秋山和慶/東響(2009/02/08) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル:公開リハーサル(2009/02/14) »

2009年2月11日 (水)

ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/11)

2009年2月11日(水・祝)15:00
すみだトリフォニーホール

指揮:フランス・ブリュッヘン
新日本フィルハーモニー交響楽団

(「ロンドン・セット」全曲演奏会 第1回)

ハイドン:交響曲第96番「奇蹟」
ハイドン:交響曲第95番
ハイドン:交響曲第93番
ハイドン:交響曲第93番~第4楽章
(アンコール)

「このまま寝入ってしまったら気持ちいいだろうな」と感じたくらい心地良いサウンドでした。
ブリュッヘンさんが18世紀オーケストラを指揮したCD(4枚組)は何度聴いたかわからないくらいのお気に入りです。
体感的には、どの曲もCDの印象よりゆっくりめに感じましたが、本当にそうかどうかはわかりません。
ただ、CD録音時からはずいぶん経過しているので、多少、風格が出て老巨匠の域に近づいたような印象もありました。
また、古楽オーケストラではない新日本フィルのサウンドも、CDで聴く18世紀オーケストラとはちょっと印象が違います。
前半の96番、95番ともに、第2楽章や第3楽章は、弦を主体に本当にきれいなサウンドでした。
そして、どちらの曲も第4楽章になると、たたみかけるような気合いでクライマックスを築きました。
休憩後の93番はさらに輪をかけて冒頭から気合いの入った演奏。

ハイドンの曲は耳あたりは良いですが、あちこちに「おや?」と思うような仕掛けがしてあります。
新日本フォルのトップ奏者(弦・木管)は、それをさりげなく(実は結構演奏は難しいのでは?)こなしていて、すばらしかったです。

ブリュッヘンさんは93番の演奏が終わった後、1回舞台の袖に引き上げただけですぐにアンコールを開始。
オケのメンバーもちょっと意表をつかれたようで、慌てて楽譜をめくり、出だしはちょっと音が合わなかったのは御愛嬌。
93番の第4楽章をもう一回演奏するというアンコールのスタイルは、私は結構好きです。
中には「同じ曲を2回続けて聴くなんて!」という意見の方もいらっしゃるかもしれませんが、変な曲で前の曲の余韻を消されるよりは、私は好きです。
幸せな気分で会場を後にすることが出来ました。

|

« 秋山和慶/東響(2009/02/08) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル:公開リハーサル(2009/02/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/44028728

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/11):

« 秋山和慶/東響(2009/02/08) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル:公開リハーサル(2009/02/14) »