« ブリュッヘン/新日本フィル:公開リハーサル(2009/02/14) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/20) »

2009年2月15日 (日)

ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/15)

2009年2月15日(日)15:00
すみだトリフォニーホール

指揮:フランス・ブリュッヘン
新日本フィルハーモニー交響楽団

(「ロンドン・セット」全曲演奏会 第2回)

ハイドン作曲交響曲第94番「驚愕」
ハイドン作曲交響曲第98番
ハイドン作曲交響曲第97番
ハイドン作曲交響曲第98番~第4楽章
(アンコール)

前日の公開リハーサルで聴いた曲が2曲含まれているのに、新鮮な気持ちで目を輝かせて聴いてしまいました。

最初は前日のリハーサルには含まれていなかった94番。
「驚愕」というタイトルやエピソードのおかげか、有名曲です。
もちろん素晴らしい曲です。
しかし、こうしてシリーズの中で聴いてみると、この曲だけが突出しているわけではなく、いずれの曲も「驚愕」と同様に素晴らしいことがわかります。
ハイドンにこのような12曲を書く機会を作ったザロモン感謝しなければなりません。
有名な第2楽章の“フォルテッシモの一撃”の前の弱音は、「3階席まで聞こえるのだろうか?」と他人事ながら心配になるほどの小さな音。
そして、その美しいこと!

続く2曲は、前日のリハーサルとは逆の曲順で、フォルテピアノの渡邊順生さんが加わる98番から。
前回の演奏でも感じましたが、18世紀オーケストラと録音したCDよりも遅めのテンポに感じます。
ピリオド系の演奏というと、速めのテンポ、鋭いリズムの比較的軽めの演奏を思い浮かべてしまいますが、ブリュッヘンさんの場合は、風格すら感じられる巨匠風と言っても良い演奏。。
それでいて音楽が重くならず、旋律は生命観をもって魅力的に響く。
オケの音はきれいに溶け合い、“ひとつの音”と化してなっているのに、決して団子状にはなっていないハーモニー。
素晴らしい!
休憩後の97番も同様の演奏で「こんな贅沢をして良いのだろうか」と後ろめたくなるほどでした。

この日も、ブリュッヘンさんは、97番の演奏終了後、1回舞台の袖に引き上げただけで、フォルテピアノの渡邊さんを伴って入場し、すぐにアンコールを開始。
ただし、前回と違って、多少間を取って、オケに心の準備をする余裕を与えていたようです。
もっとも、オケの方も前回慌てた教訓が生きているのか、アンコール曲の演奏の準備をして待っていたようです。
休憩時間にフォルテピアノの調律が行われていたので予想していましたが、アンコールは98番の第4楽章。
コンマスの西江さんのソロも含めて、休憩前の本番の演奏よりもさらに素晴らしく、オケも聴衆も、どんどんブリュッヘンさんに洗脳されていくようです。

|

« ブリュッヘン/新日本フィル:公開リハーサル(2009/02/14) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/20) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/44073356

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/15):

« ブリュッヘン/新日本フィル:公開リハーサル(2009/02/14) | トップページ | ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/20) »