« チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/02/27) | トップページ | 沼尻竜典・小澤征爾/新日本フィル(1991/3/21) »

2009年2月28日 (土)

ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/28)

2009年2月28日(土)15:00
すみだトリフォニーホール

指揮:フランス・ブリュッヘン
新日本フィルハーモニー交響楽団

(「ロンドン・セット」全曲演奏会 第4回)

ハイドン作曲交響曲第102番
ハイドン作曲交響曲第103番「太鼓連打」
ハイドン作曲交響曲第104番「ロンドン」
ハイドン作曲交響曲第104番~第4楽章
(アンコール)

2月上旬に始まった至福の日々も、ついに最終回になってしまいました。
なんだか卒業式の後のような気分です。
思い起こせば20年近く前の1991年3月21日にも、新日本フィルはカザルスホールでのハイドンの交響曲全曲演奏のフィナーレを104番で締めくくりました。
コンサートマスターはこの日と同じ豊島泰嗣さん。
あのときも「ああ、とうとう終わってしまう」「終わってほしくない」という惜別の思いを感じました。

ツィクルス全体を通じて素晴らしい演奏でしたが、この日は特に風格を感じる演奏。
3曲とも、ベートーヴェンの交響曲第1番が初演される僅か5年前に初演されたということを、音として体感した気がします。
アンサンブルの美しさは比類がありませんが、決して軽い音楽ではなく、スケールの大きさと気迫のこもった音がホールに響き渡りました。

例によってブリュッヘンさんの演奏は、聴いていて「おや?」と思うようなユニークな箇所が随所にありました。
しかし、聴いている私が「あっ」と思ったときには音はすでに通り過ぎており、舞台を見ると楽員さんの一部がにんまりしていたりします。
103番冒頭のティンパニは、かなり派手に叩いていました。
18世紀オーケストラを指揮したCDの演奏とも違ったアクセントが加えられており、ちょっと驚きました。
もし同一プログラム2日公演だったら、2日続けて聴きたくなる演奏でした。

104番は前回のブリュッヘンさんが来日したときの2007年2月3日にも演奏されましたが、何度聴いても、飽きるどころか、また聴きたくなります。
第4楽章が終わった直後に全く同じ第4楽章がアンコールに演奏されても、聴いていて全く飽きません。

ハイドンの交響曲の大好きな私にとって、今回のツィクルスは最高の贅沢でした。
この有意義なツィクルスが日本で行われたことを、心から感謝したいと思います。

プログラムの冊子にはさまれたチラシに、「フランス・ブリュッヘンにきっとまた、会える。次回共演、計画中!乞うご期待」と書いてありました。
終わったばかりなのに、次回が待ち遠しくてたまりません。

|

« チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/02/27) | トップページ | 沼尻竜典・小澤征爾/新日本フィル(1991/3/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/44203210

この記事へのトラックバック一覧です: ブリュッヘン/新日本フィル(2009/02/28):

« チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/02/27) | トップページ | 沼尻竜典・小澤征爾/新日本フィル(1991/3/21) »