« エッティンガー/東フィル(2009/4/23) | トップページ | 新国立劇場「ムツェンスク郡のマクベス夫人」(2009/5/1) »

2009年4月29日 (水)

秋山和慶/東響(2009/4/29)

2009年4月29日(水)14:00
ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:秋山和慶
東京交響楽団
(川崎名曲全集第46回)
ピアノ:菊池洋子

スッペ:「詩人と農夫」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番
ホルスト:組曲「惑星」

すっかりスダーンさんのオケになった感のある東響ですが、長年連れ添った桂冠指揮者の秋山さんとの相性も、当然のことながら健在です。

冒頭の「詩人と農夫」は意外にも柔らかく優しい音。
秋山さんというと、つい昔のカチッとした音を期待してしましますが、最近は良い意味で裏切られることが多いような気がします。
円熟の境地と言って良いでしょう。
円熟と言えば、チェロ首席のボーマンさんのソロ。
豊かな情感をたたえた暖かい低音が響きわたりました。
実はボーマンさんは、かなり昔からこのオケの主席に座っています。
秋山さんとは何十年の付き合いになるのでしょう?
昔(○十年前)のボーマンさんのソロの音も覚えていますが、格段の差。
この進歩はそのまま東響の進歩と比例します。
妙に昔を思い出してしまいました。

続くモーツァルトも、優しい音。
しなやかな美しさのオケの音です。
秋山さんのモーツァルトは、スダーンさんとは異なりピリオド風ではありません。
一時期、それが物足りなく感じたこともありましたが、この日は逆に、味わい深さを感じました。
私の感じ方が変化したのか、聴き手の私の体調や精神状態によるのかわかりませんが、円熟の境地の秋山さんのモーツァルトの魅力を再発見した演奏でした。
菊池さんのピアノも、まだ若いのに貫禄すら感じる味わい深さで、オケとピアノの相性も良かったように思いました。

休憩後の「惑星」は、2008年3月の府中での演奏会でも聴いています。
派手に鳴らしても、決してうるさくならない。極上のサウンド。
弱音部の繊細さと強奏でのスケール感は府中でも素晴らしかったですが、ミューザの音響で聴くと、さらに輪をかけて素晴らしい。

「海王星」の合唱は、プログラムの冊子に「東響コーラス」の文字はなく「電子オルガンで演奏」とのことで、以下のように書かれています。

電子オルガン:洗足学園音楽大学オルガンコース
オペレーター:松尾祐孝
音響:有限会社オアシス

聴感としては、上方から神秘的な歌声が降り注ぐ感じ。
やはり、生の女声では無いので人工的な感じはしますが、その分、包みこまれるようなサウンドにも感じました。
2階席後方に調整卓のようなものがあったようにも見えましたが、P席から見たので定かではありません。
でも、電気か自然かを気にするのはやめようと思います。
音とともに照明もフェードアウトしていく効果(府中でもそうでした)は雰囲気満点。
クラシックのコンサートでも、曲目によっては、こういうささやかな演出は、楽しいと思います。

|

« エッティンガー/東フィル(2009/4/23) | トップページ | 新国立劇場「ムツェンスク郡のマクベス夫人」(2009/5/1) »

コメント

ごぶさたしてます。
私もこの日聴きました。
モーツァルト良かったと思います。
惑星は、演奏がどうのこうのというより(生は2回目なので)演出が面白かった。
電子オルガンも悪くないですが、東響コーラスがあるのだから使えばよかったのに。
予算の関係でしょうか?すかいらーくが撤退したし。

ミューザには、もう何度も行っているのですが、この日新発見が。
2Fのカフェにロートレックと岡本太郎が有ったんですね。
2Fはいつも素通りなので気づきませんでした。

では、また。

投稿: ベンゼン | 2009年5月 3日 (日) 14時13分

ベンゼンさん、こんにちは。

電子オルガンだと、どうしても人工的な雰囲気は出てしまいますね。

ちなみに、2007年7月27日に東京シティ・フィルの演奏で聴いたときは、カーテンコールで現われたコーラスが大編成でちょっとびっくりしました。

http://c-music.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/20070727_a40e.html

舞台の外で歌うので結構大人数が要るのでしょうか。

2Fのカフェは私もいつも素通りでした。
こんど行ったときに注意して見てみますね。

投稿: 稲毛海岸 | 2009年5月 4日 (月) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/44835025

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山和慶/東響(2009/4/29):

« エッティンガー/東フィル(2009/4/23) | トップページ | 新国立劇場「ムツェンスク郡のマクベス夫人」(2009/5/1) »