« スクロヴァチェフスキ/読響(2009/3/22) | トップページ | 下野竜也/読響(2009/4/7) »

2009年4月 4日 (土)

インバル/都響(2009/4/4)

2009年4月4日(土)14:00
東京芸術劇場

指揮:エリアフ・インバル
東京都交響楽団
(東京芸術劇場シリーズ
「作曲家の肖像」Vol.72《ベートーヴェン》)
ピアノ:ゲルハルト・オピッツ

ベートーヴェン:序曲「コリオラン」
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

個人的な事情ですが、ちょっと疲労がたまっていたので、この日は集中力が続きませんでした。
しかし、目の前で繰り広げられている演奏がすばらしいことは“頭”ではわかりました。
良い体調のときに聴きに行ったならば、大興奮だったかもしれません。

「英雄」の第1楽章、第2楽章では、テンポを落として、丁寧に表情付けをして音を鳴らす場面が多々あり、まるでブルックナーでも聴いているような気分になりました。
プログラムの冊子によれば、インバルさんのベートーヴェンは“楽譜通り”ではなく、現代の楽器やホール事情を考慮した補正がされているとのことです。
聴いている私には専門的なことはわかりませんが、聴感的には音がくっきりと鳴っている印象。
溶け合ったハーモニーと言うよりは、強調すべき音がきれいに浮かび上がる感じです。
その浮かび上がる音は決して主旋律だけではありません。
コントラバスの何気ない“伴奏”すら、浮かび上がったときはとても魅力的なサウンドで迫ってきました。
第3楽章に入ると、さすがにテンポが速めなので、「まるでブルックナー」という印象はなくなりました。
でも、あちこちで、「色々な音が浮かび上がる」のは最後まで続き、実に面白い。
快調なペースでたたみかけるように最後まで突っ走りました。
演奏会の冒頭に演奏された「コリオラン」も、基本的には同じ指向の演奏だったと感じました。

ピアノ協奏曲の印象は、「オピッツさんのピアノが、チャーミング」。
ときどき、モーツァルトの協奏曲を聴いているような錯覚に陥りながら、ひたすら心地よい、クリアなピアノの音に身を委ねました。
ただ、第1楽章のカデンツァは、ベートーヴェンのピアノ・ソナタを聴いているような気分になり、オピッツさんの弾くピアノ・リサイタルを聴きたくなりました。

2007年12月の「第九」も聴きましたが、インバルさんのベートーヴェンは魅力的です。
オピッツさんの登場は今回だけですが、交響曲はこの後、7番(2009年11月)、5番(2010年3月)と続きます。
今から楽しみです。

|

« スクロヴァチェフスキ/読響(2009/3/22) | トップページ | 下野竜也/読響(2009/4/7) »

コメント

疲労がたまっていなかった私(笑)はおかげさまで大感激でしたよ。爆発的な熱さはないのに、最後にはなんだか胸がいっぱいになってしまいました。アンコールがなくて正解の完結感!
今シーズン、インバルさんのベートーベンがたくさん聴けるので、わくわくしています。調子に乗ってマーラーとブルックナーも行っちゃったりして(笑)…。

オピッツさんのピアノ、本当に素敵でしたね。おっしゃるとおり、まさに「チャーミング」な演奏でした。ほとんど知らなかった曲をあんなに楽しく聴けるとは!嬉しくてにやけちゃいました(^^♪。

投稿: gizmo | 2009年4月 7日 (火) 09時35分

>gizmoさん
「このまま、この素晴らしい演奏を聴きながら寝てしまったら、さぞかし気持ちいいだろうな~」と思いましたが、そんなもったいないことはできず、頑張って起きていました。
ホント、素晴らしい演奏でしたね。

投稿: 稲毛海岸 | 2009年4月 7日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/44564938

この記事へのトラックバック一覧です: インバル/都響(2009/4/4):

« スクロヴァチェフスキ/読響(2009/3/22) | トップページ | 下野竜也/読響(2009/4/7) »