« 小林研一郎/都響(2009/5/25) | トップページ | レック/東響(2009/6/13) »

2009年5月28日 (木)

エルツ/読響(2009/5/28)

2009年5月28日(木)19:00
サントリーホール

指揮:オラリー・エルツ
読売日本交響楽団
(第482回定期演奏会)
ヴァイオリン:バーナバス・ケレマン

シベリウス:トゥオネラの白鳥
      レンミンカイネンの帰郷
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番
バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタからブレスト
       
(アンコール)
ラフマニノフ:交響的舞曲

一曲目の「トゥオネラの白鳥」では、指揮者は、ほとんど目を伏せたまま淡々と振っていて、「シャイなのかなぁ」と思いましたが、出てくる音は結構ニュアンスの豊かな味わい深い音。
これが「レンミンカイネンの帰郷」になると、力の入った鋭角的な動作の指揮に変貌し、眼光鋭くオケをひっぱり、歯切れの良い音響が響き渡ります。

私がエルツさんの指揮を聴いたのはこの日が初めてなので、ちょっと捉えどころが難しく感じましたが、しっとりと歌わせるところの豊かな情感は魅力的でした。
「トゥオネラの白鳥」だけでなく、ラフマニノフの交響的舞曲でも、随所でオーケストラがうねるように歌います。
そういう部分では、エルツさんの指揮の動作は、素人目には、一見、やる気が無さそうに義務的に振っているようにも見えてしまったりするのですが、この動作からどうして、こういう豊かな旋律が出てくるのか、ちょっと不思議。

力むくらいに力を込めた部分では、指揮の動作の視覚的な印象と、出てくるオケの音の印象は一致し、ぐいぐいと引っ張って、ズシン、ドカンと鳴らしますが、乾いた音ではなくて潤いもある音なので、聴いていて心地良い。
「交響的舞曲」という言葉の通り、シンフォニックなサウンドを楽しみました。

プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲では、独奏のケレマンさんの音が美しい。
なんとも甘美な音で鳴る楽器です。
プロコフィエフとは思えないくらい情感を感じる演奏で、特に第2楽章は、ロマンティックにすら感じました。
そう言う意味では、独奏のケレマンさんと、指揮者のエルツさんの音楽的な相性は、結構良かったのではないかと思います。
アンコールに演奏されたバルトークですら、バルトークとは思えないくらい魅了される旋律に感じました。

|

« 小林研一郎/都響(2009/5/25) | トップページ | レック/東響(2009/6/13) »

コメント

エルツさんの指揮振り、私も面白く見ておりました。ゆるゆると指揮をしているかと思っていたら、突然、シャープな素早い動きの指揮振りになり、びっくり! その指揮から生み出されるオケの演奏は、ドラマチックで良かったです。
同じように見て感じていたとは、案外、お席が近かったのかもしれませんね?

投稿: フランダース | 2009年5月29日 (金) 00時23分

フランダースさん
やっぱり、その対比(落差?)、面白かったですよね!
そうそう、思い出しましたが、演奏会の冒頭で指揮棒を持って登場したのに、指揮棒は譜面台に置きっぱなしでずっと手だけで指揮をし、演奏会の最後に引き上げるときになって指揮棒を持って引き上げていったのも、よくわかりませんが面白かったです。

投稿: 稲毛海岸 | 2009年5月29日 (金) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/45161278

この記事へのトラックバック一覧です: エルツ/読響(2009/5/28):

« 小林研一郎/都響(2009/5/25) | トップページ | レック/東響(2009/6/13) »