« 秋山和慶/読響(2009/6/15) | トップページ | カリニャーニ/読響(2009/07/06) »

2009年6月20日 (土)

ラザレフ/日フィル(2009/6/20)

2009年6月20日(土)14:00
サントリーホール

指揮:アレクサンドル・ラザレフ
日本フィルハーモニー交響楽団

(第611回定期演奏会)
ヴァイオリン:ニコラ・ベネデッティ(未聴)

<プロコフィエフ交響曲全曲演奏プロジェクトvol.2>
チャイコフスキー:組曲第4番「モーツァルティアーナ」(未聴)
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番(未聴)
イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第5番から第2楽章
    (アンコール)(未聴)
プロコフィエフ:交響曲第2番
プロコフィエフ:交響組曲「3つのオレンジへの恋」より
         マーチ
(アンコール)

会場に到着したのはちょうど休憩時間に入ったとき。
知人に会って「いま来たところです。」と言ったら、「前半、面白かったですよ~。」とのこと。
ちょっと悔しいですが、後半だけでも聴けて良かった演奏会でした。

プロコフィエフの交響曲第2番は、私はCDで数回聴いただけですので、あまり詳しいことはわかりませんが、この日の演奏のただならぬ気迫に圧倒されました。
ラザレフさんの力強い指揮姿は、全く迷いのない確信に満ちたもの。
この比較的珍しい部類の曲を、まるで有名な名曲を指揮するかのように完全に手の内に入った指揮ぶりでした。
ぐいぐいとオケを引っ張る指揮は、動く、動く、動く…。
その指揮に応えて壮大な音のドラマを披露した日フィルのメンバー。
どちらかというと荒々しい音ですが、この曲にはそういうサウンドの方がふさわしい。
下品とか粗野には感じませんでした。
「珍しい曲を、とりあえず音にしてみました」というようなレベルの演奏をラザレフさんが許すはずもなく、相当入念なリハーサルが行われたのではないかと想像しました。
大音量や激しい部分に比較すると、静かな部分がやや流すような印象も散見されましたが、全般的には大満足の演奏でした。

交響曲の後にアンコールとして演奏された「3つのオレンジへの恋」もテンションの高い演奏ですばらしい。
こちらの方が、交響曲より響きが洗練されていたように思います。
ラザレフさんは、最後の一音の指揮は、完全に客席の方を向いて振り下ろし、「ほら、終わったよ、凄いでしょ」というようなジェスチャー。
いつものことのようですし、賛否両論があるようですが、ファンサービスとしては私は好感です。

終演後の拍手の中、退職される方でしょうか、楽員さんに花束が渡され、ラザレフさんが指揮台のところにまで引っ張り出すという場面もありました。
ホームページやプログラム冊子では見つけられなかったので詳しい事情は存じ上げませんが、ほほえましい一幕でした。

|

« 秋山和慶/読響(2009/6/15) | トップページ | カリニャーニ/読響(2009/07/06) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/45399547

この記事へのトラックバック一覧です: ラザレフ/日フィル(2009/6/20):

« 秋山和慶/読響(2009/6/15) | トップページ | カリニャーニ/読響(2009/07/06) »