« スダーン/東響(2009/07/12) | トップページ | チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/07/23) »

2009年7月20日 (月)

小澤征爾音楽塾「ヘンゼルとグレーテル」(2009/07/20)

2009年7月20(月・祝)15:00
神奈川県民ホール大ホール

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトX
フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」

20090720








この日は初日。
そのせいか、2年前の「カルメン」(4日目の公演)で驚嘆したオケのアンサンブルに比べると、多少荒い部分があったような気がしないでもありません。
でも、この音楽塾の趣旨からすれば、そのことに目くじらを立てるのは野暮というものでしょう。
練習と公演を通じて成長していくという“目指している姿”に従えば、おそらく後の方の公演になるほど、アンサンブルの完成度は高まっていくものと想像しました。
時間とお金があれば、初日と最終日のチケットを買って聴き比べてみたいものです。

そうは言っても、この日のオーケストラ(塾生に混じって高名な方々が何人も弾いていました)には、ため息の出るような素晴らしい瞬間が何度もありました。
最初「弱音部は今一歩かなぁ」などと思いながら聴いていたら、第2幕の幕切れの場面などはうっとりとするほどの雰囲気。
第3幕も後の方に行けば行くほど高揚感と一体感が素晴らしい。
小澤さんのビジュアルでエネルギッシュな指揮姿に、ここまで反応したオケには、九分九厘満足しました。

歌手陣は、バーバラ・ボニーのキャンセルはミーハー的には残念ですが、全員レベルが揃っていて、「あの人がが良かった、あの人が今一歩」ということが無かったのが耳に心地良い。
演出はオーソドックスなものだと思いますが、正統的な演技を手を抜くことなくこなして好感でした。

舞台装置はリアリティがありながらメルヘンチック。
照明の色彩感も嫌みのない効果で、こういう素直なオペラには合っていたと思います。

「ワーグナーの亜流?の中で唯一生き残ったオペラ」という話しを聞いたことがありますが、確かにワーグナーの明るい場面の音楽から官能的な匂いを抜き取ったような雰囲気もあります。
子供にも安心して観せることのできる「人畜無害さ」が、多少物足りなく感じなくもありません。
しかし、超一流の作品かどうかは別として、歴史の中で生き残った、少なくとも一流の作品であるということは事実のようです。

スタッフ
音楽監督・指揮:小澤征爾
演出:デイヴィッド・ニース
装置:マイケル・イヤーガン
衣裳:ピーター・J・ホール
照明:高沢立生
オリジナル・プロダクション:ザ・ダラス・オペラ

管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
児童合唱:東京少年少女合唱隊
児童合唱指揮:長谷川久恵

出演
グレーテル:カミラ・ティリング
ヘンゼル:アンゲリカ・キルヒシュラーガー
ゲルトルート(母親):ロザリンド・プロウライト
ペーター(父親):ウォルフガング・ホルツマイアー
魔女:グラハム・クラーク
眠りの精/露の精:モーリーン・マッケイ

|

« スダーン/東響(2009/07/12) | トップページ | チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/07/23) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/45689119

この記事へのトラックバック一覧です: 小澤征爾音楽塾「ヘンゼルとグレーテル」(2009/07/20):

» フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」 [オペラの夜]
<ザ・ダラス・オペラ製作プロダクション> 2009年8月1日(土)15:00/アクトシティ浜松 指揮/小澤征爾 小澤征爾音楽塾オーケストラ 東京少年少女合唱隊 演出/デヴィッド・ニース 美術/マイケル・イヤーガン 照明/高沢立生 衣裳/ピーター・J・ホール ヘンゼル/アンゲリカ・キルヒシュラーガー グレーテル/カミラ・ティリング 父親ペーター/ヴォルフガンク・ホルツマイアー 母親ゲルトルート/ロザリンド・プロウライト 魔女/グラハム・クラーク 眠りの精&露の精/モーリーン・マッケイ  今年... [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 20時54分

« スダーン/東響(2009/07/12) | トップページ | チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/07/23) »