« 小澤征爾音楽塾「ヘンゼルとグレーテル」(2009/07/20) | トップページ | 秋山和慶/東響(2009/8/8) »

2009年7月23日 (木)

チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/07/23)

2009年7月23日(木)19:00
東京オペラシティ・コンサートホール

指揮:チョン・ミョンフン
東京フィルハーモニー交響楽団

(第47回東京オペラシティ定期シリーズ)

ブラームス:交響曲第1番
ブラームス:交響曲第2番

確かに、素晴らしい瞬間が多々ありました。
8割から9割は、唖然とするような素晴らしい瞬間だったと思います。

伸びのある突き抜けたようなサウンド。
重厚感よりは機動性の方を重視したような推進力。
決して先を急がずに、2曲ともエネルギーを思う存分に放出して終了しました。

ただ、欲を言うならば、特に木管楽器において、細部の詰めが甘いと感じられる部分が無かったとは言えません。
何気ない単発的なソロのニュアンス。
あるいは、メロディーの冒頭の一音。
チョン・ミョンフンさんがこれだけのスケールの音楽を描き出したのですから、出来れば完璧に近い形で応えてほしかった。
冒頭に書いたように、唖然とするような素晴らしい瞬間が多々あったことを考慮すると、決してそれは、無理な注文ではないように思えます。

第1番の方は、第1、第2楽章はところどころ「おや?」と思いながら聴いていましたが、第3楽章が始まったとたん「おっ、これは!」という素晴らしさ。
第4番は、ところどころ弛緩した部分もあったような気もしますが、終結部が見事。
尻上がりに調子が良くなったのか、リハーサルの時間配分のせいなのかはわかりません。

休憩後の第2番の方は、第1楽章冒頭から包み込まれるようなスケールの大きさ。
ハーモニーも前半よりレベルアップした印象。
第2楽章は若干雑になった感もありましたが、第3楽章で柔らかい響きが戻り、第4楽章は爆演ではなく、きちんとコントロールされた熱狂でした。

私は多少冷静に拍手をしていましたが、終演後の会場は大興奮。
オケのメンバーが引き上げはじめて拍手はいったん鳴りやみかけましたが。拍手を続けている人に同調して会場は再び大きな拍手に。
かなりの時間が経過してから、チョン・ミョンフンさんはオケのメンバーの半分くらいを伴って舞台上に姿を現しました。
服は着替えた後の白いポロシャツようです。
オケのメンバーを促して全員でお辞儀をして、1階席前方の舞台下のお客さんと握手をして引き上げ、ようやく拍手はおさまりました。

|

« 小澤征爾音楽塾「ヘンゼルとグレーテル」(2009/07/20) | トップページ | 秋山和慶/東響(2009/8/8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/45724298

この記事へのトラックバック一覧です: チョン・ミョンフン/東京フィル(2009/07/23):

« 小澤征爾音楽塾「ヘンゼルとグレーテル」(2009/07/20) | トップページ | 秋山和慶/東響(2009/8/8) »