« 秋山和慶/東響(2009/8/16) | トップページ | インキネン/日フィル(2009/9/5) »

2009年8月22日 (土)

ブラジル風バッハ全曲演奏会(2009/8/22)

2009年8月22日(土)14:00
東京オペラシティコンサートホール

指揮:ロベルト・ミンチュク
東京フィルハーモニー交響楽団
ソプラノ:中嶋彰子
フルート:斉藤和志
ファゴット:黒木綾子
ピアノ:白石光隆
合唱:新国立劇場合唱団
合唱指揮:三澤洋史
司会:加藤昌則

ヴィラ=ロボス没後50年記念
ブラジル風バッハ全曲演奏会

ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ
第6番(1938)~フルートとファゴットのための
第9番(1945)~無伴奏合唱のための
第4番(1930-1941)~ピアノのための
第1番(1932)~8本のチェロのための
第5番(1938)~ソプラノと8本のチェロのための

ロビーコンサート
ヴィラ=ロボス:ブラジル民謡組曲
ギター:益田正洋

ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ
第3番(1934)~ピアノとオーケストラのための
第8番(1944)~オーケストラのための
第2番(1933)~オーケストラのための
第7番(1942)~オーケストラのための

休憩3回をはさんで5時間という長い演奏会。
14:00開演で、終演は19:00近くでした。
これだけ一気に聴いても、次から次へと出てくるヴィラ=ロボス・サウンドは多彩。
演奏の合間に興味深いトークがあったこともありますが、飽きるどころか、最後まで楽しんで聴き入ってしまいました。

しかし、全曲を聴いたことで、ヴィラ=ロボスの音楽の確固たるイメージが私の頭の中にできあがったかというと、そういうわけではありません。
むしろ、ますます捉えどころが無くなって、ヴィラ=ロボスの作風のイメージが拡散してしまった感じがします。
つまり、それだけ作風が多彩と言うことなのでしょう。

コンサートの初めは、フルートとファゴットの二重奏。
この二つの対照的なサウンドの楽器の組み合わせは、結構良いものだと思いました。

2曲目の第9番は言葉のないコーラスだけの曲。
この曲は弦楽合奏でも演奏され、私の持っているCDはその弦楽合奏版だったのですが、それを人間の声を楽器とした演奏で聴くと、ずいぶん趣が異なります。
「スウィングル・シンガーズの登場よりもずいぶん昔に、ヴィラ=ロボスがこういうアイデアを出していた」という話しがトークの中にありましたが、まさにそういうサウンドです。
前半では、ミンチュクさんは唯一、この曲のコーラスの指揮をされました。

3曲目の第4番はピアノ独奏。
まるでオーケストラを聴いているような豪快なサウンドがピアノから響き渡りました。

8本のチェロで演奏される第1番と第5番は、チェロがこれだけ様々な音色を出せるということを再認識されましたし、第5番のソプラノ独唱の中嶋彰子さんは、目の覚めるような張りのある声で会場を圧倒しました。

ここまでの前半だけでも、楽器編成の多彩さに加えて曲調の多彩さが強く印象に残りました。

ロビーコンサートは、ギター独奏。
私は2階ロビーから見下ろして鑑賞を試みましたが、さすがにギターの音量では無理があったようです。
休憩時間のロビーの喧噪の中では、かすかに音が聴き取れるだけでした。
もっとも、1階ロビーまで行っても、かなりの人垣が出来ていましたので、十分な音量で鑑賞できたかどうかはわかりません。

後半の4曲はオーケストラが舞台上に登場。
これも一筋縄ではいきません。
ファリャの曲のようなサウンドに聞こえる瞬間があるかと思うと、ルロイ・アンダソンの曲のように聞こえる部分もあり、そうかと思うと、ストコフスキー編曲のバッハの曲のように聞こえるところも出て来ます。
ただ、どの曲も、ブラジルに照りつける明るい太陽と広大な大地を連想させるように聞こえるのは、先入観がありすぎでしょうか。
最後の7番は、プログラムの冊子に「ブラジルのマーラーとも呼びたくなる」と書かれていましたが、マーラーかどうかは別として、他の3曲とは少し趣が異なり、洗練された響きを感じました。
東京フィルの演奏水準は、定期演奏会並みのレベルまでは行かなかったかもしれませんが、高いテンションで情熱を持ってこれらの曲を演奏していたと思います。

ヴィラ=ロボスの多彩な音楽が繰り広げられた、なんとも楽しいコンサートでした。

|

« 秋山和慶/東響(2009/8/16) | トップページ | インキネン/日フィル(2009/9/5) »

コメント

お疲れさまでした。でも心地よい疲労感でしたね。幸福な満腹感といってもいいかもしれません。

日本ではなじみのない作曲家をピンでとりあげる、こうした企画がもっと増えると、クラシックファンの層が厚くなるような気がします。

投稿: まいじょ | 2009年8月24日 (月) 14時59分

まいじょ様
私も行く前は「好奇心でチケットを買ったけど、はたして長時間の鑑賞に集中力が持つかな?」とちょっと不安でしたが、飽きさせない工夫が随所にあり、大いに楽しみました。
“企画”にも拍手したいところですね。

投稿: 稲毛海岸 | 2009年8月24日 (月) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/45999936

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル風バッハ全曲演奏会(2009/8/22):

« 秋山和慶/東響(2009/8/16) | トップページ | インキネン/日フィル(2009/9/5) »