« スダーン/東響(2010/7/25) | トップページ | 秋山和慶/洗足学園音大(2010/8/7) »

2010年7月31日 (土)

アルミンク/新日本フィル(2010/7/31)

2010年7月31日(土)14:00
すみだトリフォニーホール

指揮:クリスティアン・アルミンク
新日本フィルハーモニー交響楽団

(第465回定期演奏会『肥沃な音楽地帯を探る旅』)
ヴァイオリン:パトリシア・コパチンスカヤ

リゲティ:ヴァイオリン協奏曲(1992)
ホルヘ・サンチェス=チョング:クリン(1996)
(アンコール)
リゲティ:バラードとダンス(1950)(アンコール)
ヴェレッシュ:「哀歌」~バルトークの思い出に(1945)
コダーイ:「ハーリ・ヤーノシュ」組曲

「想定外」の熱狂。
それなりに期待して出かけた演奏会ですが、その私の期待をはるかに上回る素晴らしい熱演でした。

コパチンスカヤさんは、2008年3月の新日本フィルとの共演がかなり好印象でした。
しかし、曲目がリゲティ。
たまたま自宅にあったブーレーズ指揮のCDを聴いてみましたが、響きの面白さは感じるものの、いまひとつとらえどころがわかりません。
とりあえず「珍しい曲を、生で聴く機会」程度の事前の期待でした。

しかし、この演奏の凄かったこと!
コパチンスカヤさんは、ステージ衣装の長いスカートからのぞく足は、なんと素足。
その足を、ときには踏みならし、ときには滑らせ、目は完全に「別の世界に行っちゃった」ような獲物を狙う狂人の眼差し。
まるで道場で、ヴァイオリンを武器にした武術の真剣勝負をしているかのよう。
弓の毛が切れまくるのもおかまいなしにヴァイオリンを引きずり回し、わめかせたかと思うと、すすり泣かせ…。

プレトークではアルミンクさんが「万華鏡のように多様なものが詰め込まれている」「オーケストラの中に異分子(オカリナとリコーダー)を持ち込み、見事に組み込んでいる」と話していました。
確かに最初は、そんな趣きも感じながら聴いていましたが、次第に殺気のような強烈な音の濁流に飲み込まれてしまいました。
もちろん、コパチンスカヤさんのパッションは凄かった。
でも、ちょっと大きめの室内楽くらいの編成の新日本フィルメンバーも、ほとんど「ソロ」状態。
コンサートマスターの西江さんと「にらめっこ」くらいの至近距離で顔を合わせて弾く場面もあり、それこそ真剣勝負。
見事に受け止めていたと思います。

リゲティのような現代音楽(と呼んでいいですよね?)で、会場がこれだけの熱狂になるとは、予想もしませんでした。
音楽おいて「演奏の役割」がいかに大きいか、あらためて実感させてくれる熱演。
確かに、そこで演奏されていたのは、雑音でも騒音でもなく、「音楽」でした。

前日の夜に、新日本フィルのツィッター(newjapanphil)で、
『終演後、西江がひとこと。「明日は(アンコールの共演で)僕も靴を脱いだほうがいいかな・・・」 さあ、どうなる?! 』
と配信された意味がよくわかりませんでしたが、アンコール2曲目のリゲティの二重奏では、西江さんも靴と靴下を脱いで参戦。
引き上げるときは素足のまま舞台から去り、他の団員の方が持って帰るという、会場の笑いを誘う場面多数。

帰宅後に調べたら、アンコール1曲目は、2008年3月のアンコールと同じ曲だったようで、す。
協奏曲中でも少しありましたが、コパチンスカヤさんが声を出して弾きながら歌う(叫ぶ?)場面もありました。

さて、前半で「美女と野獣」ならぬ「美男子と野獣」だ、などと半ば呆れるように見ていましたが、後半では、その美男子までが猛獣になってしまいました。

2010年7月3日の読響の「展覧会の絵」のときも思ったのですが、音楽監督が主催公演を気合いを入れて振れば、気軽な有名曲であっても、その演奏のレベルは「気軽」のレベルではありません。
それにしても、アルミンクさんの指揮がこんなに激しいとは!
「ハーリ・ヤーノシュ」組曲は「にぎやかな楽しい曲」という程度のイメージを持っていましたが、「シェエラザード」とか「英雄の生涯」とかに匹敵するくらいの、壮大なドラマの芸術作品に仕上がりました。

「ハーリ・ヤーノシュ」でツィンバロンを弾いた斉藤浩さんは、プレトークで「スティックの先に巻いてあるもの(綿、ビニールテープ、皮)は、特別なものではなく、全て東急ハンズで買ったものです」と言って笑いを誘っていましたが、プレトーク中でも一曲短いソロの曲を披露して、なかなか普段聴けない楽器の魅力的な音を聴かせていただきました。

プログラムの冊子に寄れば、リゲティの先生はヴェレッシュで、ヴェレッシュの先生はコダーイだとか。
いわば、音楽の系譜をさかのぼってたどったわけですが、前半が複雑きわまりない曲だけど小編成だったのに対して、後半はフル編成のオーケストラで、意外と据わりの良い並び方だったと思いました。

20100731

|

« スダーン/東響(2010/7/25) | トップページ | 秋山和慶/洗足学園音大(2010/8/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/49022049

この記事へのトラックバック一覧です: アルミンク/新日本フィル(2010/7/31):

« スダーン/東響(2010/7/25) | トップページ | 秋山和慶/洗足学園音大(2010/8/7) »