« 8月に聴いたCDの感想 | トップページ | 小山実稚恵(P)大野和士/都響(2010/9/3) »

2010年8月31日 (火)

8月に視聴したFM放送、テレビ放送の感想

本来は「使い捨て」のはずのTwitterから、先ほどは8月に聴いたCDの感想を貼り付けましたが、続いて、8月に視聴したFM放送、テレビ放送の感想も貼り付けてみます。

2010年08月29日(日)
NHKで群響の本拠地での演奏会を放送中。調べてみたら、私が群響を群馬音楽センターで聴いた経験は29年前、指揮は豊田耕児。デッドな音響で弦の音がずいぶん細く聞こえた印象が残っているけど、もちろん当時といまの群響の技量は比較にならないだろう。久しぶりに高崎に行ってみたくなった。

2010年08月26日(木)
アンドリス・ネルソンス指揮、バーミンガム市響
のプロムス・ライヴの「新世界」をNHK-FMで放送中。ネルソンスはいま32歳くらいかな。そういえば、その昔、イシュトヴァン・ケルテスがウィーン・フィルと「新世界」を録音したのも確か32歳の頃。

2010年08月23日(月)
NHK-FMでバレンボイム独奏のショパンのピアノ協奏曲のライヴを放送している。確かに立派な演奏だとは思う。でも、なんだか「どうだ、すごいだろっ」と言われているようで、いまひとつ、心から楽しむことができない。

2010年08月19日(木)
今日のNHK総合「プロフェッショナル」での市川海老蔵の言葉「死ぬとき、死んでからが勝負、死んでから何百年残れるか」…凄い気構えとしか言いようがない。確かに、分野は違うがクラシック音楽の世界でも、感動の大半は死んだ後に勝ち残った方々によるもの。

2010年08月15日(日)
N響アワーで、日比谷公会堂での「第九」を放送中。残響がゼロに等しいのはテレビの音でも十分に伝わってくるが、N響にとって、NHKホールとどちらが演奏しやすいのだろう?資料によると客席数2074。意外と大きい。

2010年08月13日(金)
私は普段ノリントンにかなり好意的な方だが、今日NHK-FMで放送されたモーツァルトの39番の演奏には違和感を感じた。もうこうなってくると、ピリオドうんぬん、ヴィブラートうんぬんの次元とは違うような気もする。

NHK-FMでノリントン指揮ドイツ・カンマーフィルのライヴを放送中。C.P.E.バッハもJ.C.バッハも、ハイドンの交響曲好きの私には好奇心の対象。でも、ハイドンだけでも持て余すほど曲数が多いのに、二人ともシンフォニアを数多く書いており、とても聴ききれない。

2010年08月11日(水)
NHK-FMで放送中のリチャード・トグネッティ指揮、オーストラリア室内管弦楽団演奏会。さほど鋭角的でなく、どちらかというと角を丸めた演奏のモーツァルトなのに、聞こえてくる音楽は刺激的で楽しい。

きのうNHK BShiで放送された幸田浩子ソプラノ・リサイタル。ころころと転がるようなチャーミングな声が心地良い。CDも持っていて、技巧的にはCDの歌唱の方が上だと思うが、ライヴ収録のノリの魅力の方が大きいと感じる。

2010年08月08日(日)
BS朝日で放送中の辻井伸行ドキュメンタリーを見ていて思い出した。どこかで、横山幸雄さんのことを「辻井伸行の先生」と紹介した文章を見たことがあるが、いくらなんでも、それは横山さんに失礼だと思った。

2010年08月05日(木)
小山実稚恵
さん出演の「徹子の部屋」。1985年に小山実稚恵さんが4位に入賞したショパンコンクール。1位はブーニン、2位はラフォレ、3位がヤブロンスキ、5位がルイサダだったとのこと。やはりメジャーなコンクールだけあって、なかなかの顔ぶれですね。

今日のテレ朝「徹子の部屋」は小山実稚恵さんが出演。いま録画を再生中。話しをされている様子は舞台上でのちょっとはにかんだような仕草と変わらない。私は、もし「日本人ピアニストを一人だけ選べ」と言われたら、答えは「小山実稚恵さん」かな。

2010年08月02日(月)
土曜日BShi放送のドキュメンタリー番組でのブーレーズの言葉:「必要に迫られて指揮者になりました。私たちの音楽に興味を持つ指揮者がいなかったからです。経験がなかったので非常に苦労しました。すべて現場での独学です。」…スゴイ。

土曜日にNHK BShi放送されたピエール・ブーレーズのドキュメンタリー番組の録画を見始めたら、圧倒され、途中で止められなくなってしまった。テレビの画面から強いオーラが伝わってくるかのよう。とても85歳とは思えない。

2010年08月01日(日)
NHK-FMで放送中のエッティンガー/東京フィルの「復活」。インバル/都響の域に達しているかどうかはともかく、これはこれで十分に素晴らしい。常任指揮者が腰を据えて振るようになったら東フィルも変わるかも。

NHK-FMでエッティンガー/東フィルの「復活」が始まった。独唱、合唱を含めて、新国立「リング」上演に参画したメンバーでの演奏。

NHK総合テレビ、7時のニュースの小澤征爾さん「15kgやせた」、「この辺(胸のあたりを指し)全部取っちゃった」、「食事は少量ずつ1日4~5回」、「自分のペースでやらせていただく」のこと。心なしか、髪も少し少なくなった??それでも、生還・復帰は喜ばしい。

Twitterメンテナンス中に、NHK-FMでルツェルン・イースター音楽祭2010のライヴを放送。ハーディング、ハイティンクといったビッグネームもあったが、ユース・オーケストラが演奏したオネゲル作曲「死の踊り」という曲が、言葉はわからないが、なかなかドラマティックで面白かった。

|

« 8月に聴いたCDの感想 | トップページ | 小山実稚恵(P)大野和士/都響(2010/9/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月に視聴したFM放送、テレビ放送の感想:

« 8月に聴いたCDの感想 | トップページ | 小山実稚恵(P)大野和士/都響(2010/9/3) »