« ロペス=コボス/東フィル(2010/9/16) | トップページ | ドミトリエフ/都響(2010/9/24) »

2010年9月18日 (土)

下野竜也/読響(2010/9/18)

2010年9月18日(土)18:00
サントリーホール

指揮:下野竜也
読売日本交響楽団
(第496回定期演奏会)
ホルン:ラデク・バボラーク

《下野プロデュース・ヒンデミット・プログラムⅤ》
ヒンデミット:歌劇「本日のニュース」序曲
R.シュトラウス:メタモルフォーゼン
         (変容、23の独奏弦楽器のための習作)
R.シュトラウス:ホルン協奏曲第2番
ブラームス:トランペットのためのエチュード
(アンコール)
バボラーク編:アルペンファンタジー(アンコール)
ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容

オーケストラの定期演奏会にふさわしかった…と言うのも変かもしれませんが…
・ちょっとひねった選曲。
・でも、通して聴いてみると、流れがしっくりくる。
・豪華なゲストを迎えての協奏曲。
・でも、れっきとしたオーケストラの存在感。
「シェフのおすすめ」の「お任せコース」を注文して、じっくり味わったような、後味の良い演奏会でした。
(以前、N響アワーで、下野さんがそのような話しもしていましたっけ)

ヒンデミットにサンドイッチにされた「具」のR.シュトラウス2曲。
メタモルフォーゼンは大きなうねりを、艶やかな響きとともに表情豊かに奏でられ、音の中に身をゆだねて心地よく聴いているうちに、あっという間に終結。
カラヤンのCDで聴いてもとらえどころが難しく感じた曲が、こんなに面白く聴けるとは、会場に足を運んだ甲斐があったというもの。
演奏が終わった後に、下野さんが指で数字を示しながら23人の独奏者を順番に起立させたのも、なかなか良い趣向のサービスでした。

ホルン協奏曲の主役はもちろんバボラークさんの別格の音色なのですが、それを支えたオーケストラも、単なる伴奏ではない充実した演奏。
華やかだけれど、途中憂いを帯びた部分もあるなど、まるで「ばらの騎士」を協奏曲に仕立て直したような感も。
立派な「協奏」曲の演奏でした。

ヒンデミットの2曲は、どちらも、派手に鳴らした爽快な演奏。
静かな部分の多い交響的変容の第2楽章などでは、少し音が練れていない感もありましたが、まあ、最後の曲になって一気に人数が1.5倍くらい(もっと?)になったのだから、致し方ないかも。
さらには、大音量の部分でも、途中、サントリーホールの残響の影響で、音の輪郭が不鮮明になり、“もわんもわん”となりかけた部分もあり、「ここは、もう少し音を絞ってもよかったかも」とも思いました。
しかし、そういう細部をあげつらうよりも、炸裂する大音響に素直に興奮した方が気持ち良いのは事実。
なによりも、オーケストラのメンバーが、心底楽しそうに演奏している姿(目が笑っている!)は、聴いているこちらも楽しくなってきます。

やっぱり、音楽って、「音」を「楽しむ」ものだ…という当たり前のことを再認識した演奏会でした。

|

« ロペス=コボス/東フィル(2010/9/16) | トップページ | ドミトリエフ/都響(2010/9/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214768/49489136

この記事へのトラックバック一覧です: 下野竜也/読響(2010/9/18):

« ロペス=コボス/東フィル(2010/9/16) | トップページ | ドミトリエフ/都響(2010/9/24) »